注目キーワード

ワンドの10(Ten of Wands)

このカードは、自らが抱え込むワンドに押しつぶされそうになっている男性を描いています。これは、能力の限界を上回るほどの重荷を背負わされ、苦しんでいることを表します。

キーワード

正位置 – Upright –
プレッシャー/限界/責任/疲労/過労/負担/重荷/分不相応/苦難の道/欲張りすぎ/放棄/力不足/精神的重圧/強さ/コミットメント/抑圧/成熟度/最後の努力/頑固/孤軍奮闘/目的遂行/限度/余裕のなさ/執着/抱え込む/義務感/子育て/苦労性/ヘトヘト/頑張りすぎ
逆位置 – Reversed –
自己嫌悪/偽り/嘘/言い訳/ごまかし/障害/不正/虚言/対応勢力/分離/陰謀/難題/困難/ダメージ/損失/出し抜かれる/外圧/過度の圧力/拒む/対抗勢力/難しさ/失望/やけくそ/挫折/手放し/諦める/断念/肉体疲労/逃げ出す/逃避/戦線離脱/八つ当たり/自己中な人
英単語
Responsibility. Strength. Commitment. Oppression. Maturity. Last effort. Excessive pressures. Link between strongly opposing elements. Stubbornness. Burden. Exhaustion. Difficulties. War. Losses. Displacement. Fulfillment of great wishes. New expectations from life.
人物像
苦労を背負いこむ苦労性な人。介護や子育てなど人の世話をして責任を負う人。

ケース別キーワード

case正位置逆位置
恋愛重い愛情/恋愛依存症/一方通行の思い/嫌われないよう頑張る/責任感で辛うじて続いている関係/手間のかかる人/期待されすぎて苦しい 深刻さが増す/恋人と別れる/相手を見捨てて逃げ出す/問題のある相手/
仕事重荷を背負う/限界に達する/一人で仕事を抱え込む/オーバーワーク/責任感からのプレッシャー/ダブルブッキング/期待されることに重荷を感じる/介護関係の仕事 実力が足りない/仕事中毒/続けてトラブルにあう/プレッシャーから解放されたい/最後までやり遂げられない/責任をなすり付けられる/
その他大きな願いの実現/人生からの新しい期待/制御不能な事態/自分のことで精一杯/重い負担を引き受ける意欲/成功の重みを担う/人に任せる能力/支援を受け入れる/疲れ切った状態/余裕が持てない/心身ともに疲れている/気が重い/一人で抱え込む/真面目さ/他人の助けが必要/オーバーヒートする 逃げ出したくなる/最後の追い討ち/圧倒される感覚/踏んだり蹴ったり/トラブルが重なる/逃げ出したい状況/中途半端のまま投げ出す/試練を受ける/とばっちりを受ける

正位置での意味

ワンドの10の正位置は、自分のキャパをはるかに超えた課題や、問題の対応に追われて疲弊していることを表します。こういった事態になったのは、自分の責任か、あるいは誰かに押し付けられて断れなかったためです。どちらにしても、背追い込んでしまった重圧に押しつぶされそうになっていて、どうにかして乗り切らなければなりません。一人で抱え込んでしまったなら、誰かに助けを求めるなど、なんらかの対策を考えた方がいいでしょう。最悪、今やっていることを放棄してしまうのも一つの手でしょう。それはとても勇気のいることかもしれませんが、そうしないと自分が潰れてしまいます。

このカードは、あなたが過度な負担や重圧、プレッシャーを背追い込んでしまい、なんとか乗り切ろうと努力して疲れ果てていることを示しています。ある一定の境界線や区切りを設定するか、苦労している責任を処理する別の方法を見つける必要があります。あなたが抱え込んでいるものは、本当にあなたに必要なものでしょうか。誰かに助けを求められないものでしょうか。そういった解決策を自問自答せずにここまで来てしまったのは自分の責任でもあるでしょう。あなたは事態をコントロールしようと試みずに、すべてを自分でやればいいと考えてきたのでしょう。積極的に自らが担当することは素晴らしいことですが、実力以上のことを背負い込みすぎるのは後々の破滅につながります。

あなたは、冒険や夢中になれることを求めていますが、自分自身で作り上げてきたあらゆるタスクに囚われています。意図してそうなったわけではなく、情熱の赴くまま突っ走ってきたら、いつの間にか、たくさんの責任を抱えることになってしまいました。これは、計画性の欠如や目的意識がないまま引き受けてきたためです。

大きくなってしまった重荷を対処するには、あなた一人の努力だけではどうすることもできません。重荷を減らすために、頭を働かせて、今後何か新しいことを頼まれるようなことがあったら、自分にとって重要なことなのかを選別して勇気を出して「No」と言いましょう。

リーディング例

愛に関して占った場合
ワンドの10の正位置が恋愛で出たら、関係に対して成熟した、責任ある態度を取ることを意味します。このカードはコミットメントを意味するカードであり、困難な時期にパートナーをサポートすることもあります。一人で問題を抱え込みすぎており、心の内を打ち明けられない状態を表すこともあります。相手に嫌われないように必至でしがみついていることを示唆することもあるでしょう。また、重い責任がのしかかっていて、なんとか乗り越えようと必至に頑張る姿も示唆します。あるいは、恋への執着を捨てて新しい道を歩むべきだと伝えている場合もあります。
勉強や仕事に関して占った場合
ワンドの10の正位置を仕事で読み解いた場合、あなたが仕事のやりすぎで燃え尽きていることを示唆しています。残業したり、早朝出勤するなどして、自分の仕事だけでなく他の人の仕事も引き受けているかもしれません。また、重度の責任を背負う事態になったり、仕事を抱え込みすぎて限界が来ている状況を示唆します。誰かに甘えられれば良いのですが、それも困難な状況かもしれません。ダブルブッキングしてしまうことや、オーバーワークにより疲労がたまる可能性も表します。
お金に関することで占った場合
ワンドの10の正位置がお金に関することで出たら、重い義務を負ったり、他の人を支援することで自分が金銭的なピンチに追い込まれることを示唆します。あなたは賢明ではない決定を下してしまい、借金に陥ったのではないでしょうか。または、不動産の決済など、大きなお金を動かす役目を任されて重圧に耐えている状況を表すことを示唆します。

逆位置での意味

ワンドの10の逆位置は、大きく分けて二通りの解釈ができます。“手放すことで自由になれる”という良い意味と、“肉体的にも精神的にも追い詰められて爆発してしまう”という悪い意味です。

まず、良い意味で見る場合、このカードはあなたの負担が取り除かれ、あなたが背負った責任が軽減されることを意味します。抱えていたものを思い切って手放すことで、気持ちが解放へと向かうことを示唆します。抱えているタスクを誰かにお願いできるようになったのではないでしょうか。自分のやるべきことと、誰かにお願いするべきことの線引きが上手くできるようになったのでしょう。あなたはやっと自由になれます。自分にとって本当に大切だと思えることをスタートできます。このカードの良い意味では、自分の情熱やエネルギーを向けるべきことが明確になり、タスクの断捨離をすることで少しずつ目標や夢に進んでいけることを表します。

次に、悪い意味で見る場合、重すぎる責任や重圧に耐えられなくなり、今まで頑張ってきたことや大切にしてきたものを手放すことを示唆します。たくさんのタスクを抱えすぎて、全てを今まで通り維持するのが難しく、断念することを表します。ごまかしながらなんとかやってきたものの、それも通用しなくなってきています。今の状況において、自分へ言い訳をしたり、自分の気持ちにウソを付くのはやめて、落ち着いて手放すべきか継続するべきかを見極める必要がありそうです。それができれば、追い込まれていた気持ちが楽になり、少しずつ好転していくでしょう。このカードの悪い意味では、建設的な物事の進め方ができていない、あるいは、自分のキャパシティをきちんと把握できずに安請け合いしてきたツケが回ってきたことを示唆します。

リーディング例

愛に関して占った場合
ワンドの10の逆位置を恋愛で読み解いた場合、良い意味でとらえると、ふたりの関係がよりバランスの取れたもの、あるいはより安全な関係を築くことができる可能性があります。問題が解決の方向へ向かうことを示唆します。一人で抱え込みすぎていたことも分かち合うことができて気持ちが楽になります。悪い意味では、あなたのキャパが限界に達してしまい、責任を放棄するために別れることや、自分の行いに対して相手から責められて気持ちが滅入ってしまうことを表します。相手を見捨てて逃げ出す可能性もあります。
勉強や仕事に関して占った場合
ワンドの10の逆位置が仕事で出た場合、良い意味でとらえると、あなたの仕事量が徐々に減っていくことを示します。他の誰かが責任の一部を引き受けるか、外部的要因によりあなたへの重圧が和らぐ可能性があります。悪い意味でとらえる場合、途中で仕事を投げ出してしまうことや責任を押し付け合うなど、トラブルの連鎖を暗示します。限界を超えたことで収集がつかなくなり、挫折を味わうかもしれません。
お金に関することで占った場合
ワンドの10の逆位置がお金関連で出る場合、良い意味でとらえると、金銭的なことで猶予を得ることができる暗示です。ローンの延長や借金の整理、または別の解決策が見つかるでしょう。悪い意味でとらえると、金銭的なトラブルが悪化して破産してしまうことや、借金が膨らむなどの意味を示します。欲張りすぎて膨れ上がった金銭問題を解決するために、損切りも覚悟の上で対処すべきでしょう。

カードを読み解くポイント

ワンドの10は、今あなたが関わっていることや生活において、責任を引き受けることを示しています。あなたが直面していることは、キャパを超えるレベルのようですが、あなたにできないことではありません。このカードは、あまりにも多くのことに首を突っ込みすぎて、自分を見失うほどの忙しさに追われることを示します。そして、疲労もピークを迎えます。このカードに描かれている人物の向かう先には街が見えていて、後少しで街に到達できそうな気配もあります。このカードは、収穫を終えたばかりで、労働の成果を地元の市場に持ち込むのに苦労している人を示しているようです。

仕事や人間関係で占ってこのカードが出たら、頑張りすぎていることを表しているかもしれません。まずは肩の力を抜いて、深呼吸をしてみましょう。そうすることで、頭の中がリフレッシュされて違う角度から目の前の問題を見つめることができるかもしれません。

カードの意味を更に深く考察

このカードが表している状況は、あらゆる活動に夢中になりすぎてしまい、いつの間にか手に負えない事態に陥ってしまった、という感じです。好奇心や情熱が赴くままになんでもかんでも手を出してしまったのでしょう。戦いや競い合うことが主なキーワードとなるワンドにおいて、忙しいことは密かな喜びでもあるのです。

ワンドの情熱や熱意が引き寄せてしまった責任は、いつの間にか自分を押しつぶそうとするほど膨れ上がってしまっています。カードの人物は旅に出て、自分が心底夢中になれる何かを探し、義務感や強制的にやらされている感覚からの解放を求めています。やりたいことを見つけるためには経験が必要で、彼は自分がやりたいことを明確にするために様々なことに手を出したのでしょう。ワンドの10で表される事態は、考えなしの行動のようで、自分探しの結果であるとも言えます。自分の目的や夢に近づくためには、抱えすぎたタスクの中から捨てるべきもの、他の人に委託することを選定する必要があるのです。