注目キーワード

ワンドの9(Nine of Wands)

このカードは、準備を備えて相手の出方を見る様子、用意周到な様を表します。粘り強く相手を観察し、今か今かとチャンスの時を伺っています。

キーワード

正位置 – Upright –
抵抗/持久戦/粘り強さ/試練/保身/準備/準備万端/備蓄/下準備/警戒心/警告/不屈/用心する/慎重になる/辛抱する/対抗力/秩序/自制心/回復力/中止/自己決定/健康/知恵/征服/独立独歩/超人的な努力/臨戦態勢/用意周到/様子を伺う/緊張状態/やりとげる/自立/内なる自信/プレッシャー/慢心
逆位置 – Reversed –
障害/不利な状況/準備不足/妨害/逆境/災害/裏切り/体調不良/虚しい抵抗/敵対/対立/孤立/障害/遅延/遅刻/消耗/疲労/疲労困憊/備えの欠如/送還/出遅れる/油断大敵/貧弱/病弱/敗北/難問/不適応/消耗線/進展が遅い
英単語
Courage. Recovery. Strength. Anticipation. Self-determination. Success. Discipline. Conquest. Order. Revealed passions. Knowledge, or lack of knowledge, of one’s own strength. A pause in a current struggle. Obstacles. Adversity. Delay. Tension.
人物像
用意周到で経験豊富な人物。抜け目のない慎重な人。警戒心が強い人。

ケース別キーワード

case正位置逆位置
恋愛隙がない/独りよがり/相手の素性がわからない/ガードが硬い/疑いの目を向ける/守りたい恋/ 辛い経験/過去の失恋を引きずる/関係がなかなか進展しない/待ちぼうけを喰らう/見込み違いの恋/すれ違う恋/タイミングが合わない/間が悪い人
仕事持久戦/現状維持/困難やトラブルに備える/強敵が現れる/入念な確認を怠らない/最悪の事態を想定する/デバッグに力を入れる/ダブルチェックを入念に行う 過労/現状を把握できない/先越される/ハッキングされる/要領が悪く仕事が進まない
その他自分の身を守る/過去の経験を思い出す/他者の意見を拒む/追い込まれる/意地を張る/困難に立ち向かう/主導権を握る/行動の一時中断を決定する/複数の選択肢から一つ選ぶ/自分の力に関する知識/守りを固める/準備を整えて待つ/物事を全うする/腹の座った/防御力の高まり/覚悟を決める/プレッシャーを感じる 柔軟性の欠如/ニッチもサッチもいかない/体力に自信がない/肉体的な弱さ/進まない/無駄な努力/警戒しすぎる/ライバルに出し抜かれる/マイペースすぎて足並みが揃わない/オチのない会話/病気がち/準備不足で不意を突かれる/全て中途半端/あてにできない相手

正位置での意味

ワンドの9の正位置は、立場的には劣勢で条件には恵まれていない中、結果はまだ出ていないことを表します。追い込まれた状況の中でも、挽回するチャンスを伺い、諦めない心を持っています。今までの経験をもとに、準備してきたことや知恵をフル活用すれば一発逆転できるかもしれません。風向きが変わる瞬間を見極めるために、緊迫した状況が続いています。今はじっと耐えていざというときのために体力を温存しておきましょう。油断しない、隙のない態度をとっており、周囲の意見に耳を貸さない頑固さを示す場合もあります。

一方、戦いが終わり、ある一定の成果をあげたことを示す場合もあります。その場合、このカードは完成と達成を表し、あなたが仕事を終えてうまくやったことを示します。あなたは困難に立ち向かい勝利したことで、さらに強くなりました。あなたは自制心やスキル、知恵を駆使してトップに立ったのです。そして、勝利して得たものを守り抜くために周囲を警戒している様子を表します。

もしくは、困難な状況に勇気を出して立ち向かい、敵から身を守ろうとすることを表します。誰にも頼らず、自立した精神で挑んでいます。あなたが頼れるのは、その健康的な肉体と体力、自身の能力のみです。独立独歩、自力でここまで到達し、この先も自分の決断で物事を進めなければならないでしょう。

このカードは目の前の困難に立ち向かうためには粘り強さが必要だと伝えています。今のあなたは臨機応変に応じられる準備も整っています。緊張状態はまだ続くかもしれません。

リーディング例

愛に関して占った場合
ワンドの9の正位置が恋愛で出たら、不利な状況の中、不屈の精神で諦めない様子を表します。やれるだけのことはやり終え、あとは運に身を任せるだけのようです。なんとしても守り抜きたい恋を示唆することもあります。異性を目の前にして緊張していたり、付け入る隙を与えずガードが硬い様子を表すこともあります。あるいは、あなたとパートナーが困難な状況を乗り越えていることを示しています。将来の幸せな時間を約束します。あなたは、試練を経験したことで二人の関係について重要なことを学んだようです。
勉強や仕事に関して占った場合
ワンドの9の正位置を仕事で読み解いた場合、困難やトラブルに備えるための準備が整ったこと、最悪の事態は終わったことを表します。あなたは挫折から立ち直り、その先にある成功を手に入れることができるでしょう。他の意味では、持久戦を強いられることや、交渉が手詰まりになり、相手の出方を伺っていることも示唆します。今の状況でやれるだけのことはやり尽くし、あとは神様に委ねるだけ、といった状況を表すこともあります。緊張状態が続いており、ストレスを抱えている可能性もあります。
お金に関することで占った場合
ワンドの9の正位置がお金に関することで出たら、過去に損失を被ったが、なんとか利益を手元に残すことができることを表します。一区切りつき、財産を手にしていますが、それを守るために頑なに出費を躊躇っているかもしれません。新しく投資を開始する場合は、慎重になり、もう少し様子を見てからにした方がいいかもしれません。

逆位置での意味

ワンドの9の逆位置は、いくつかの意味が存在します。まず一つ目に防御や防衛に失敗することを表します。状況が苦しい中で諦めたくないのに打開策が見つからないようです。無駄にエネルギーを消耗し続け、肉体的な疲労が重なり、これ以上無理が効かない状況です。このままではいい結果にたどり着けそうにないので、一時休止してみてはいかがでしょう。体を休めることで健全な考えが蘇り、打開策を思いつくかもしれません。今の状況を突破するためには柔軟な考えや発想の転換が必要です。保身の気持ちから、頑なになっていた心を解きほぐし、リラックスすることで、他者のアドバイスを聞き入れることができるでしょう。このカードは、無駄を減らして、改善されない状況から抜け出すようにアドバイスしています。

二つ目の意味としては、目の前の問題に対して異なるアプローチを試すことを提案しています。あなたは負け戦で戦っている可能性があり、その戦いから退くことも視野に入れて、他の道を選択するべきかもしれません。

また、準備不足により問題が悪化することを示唆することもあります。物事を楽観視しすぎていたために、目の前の困難に対処することができません。そのことで混乱に陥る暗示です。

追い込まれた状況を目の前にして、あなたの自覚が足りなさすぎることへの警告を示す場合もあります。

ここに来るまであなたなりに頑張ってきたのでしょうが、事態が好転しないことに頭を抱えているかもしれません。やるべきことはやって、不安な気持ちで結果を待っているのではないでしょうか。不安な気持ちやマイナスな感情は想像以上に心身を消耗させます。状況を冷静に受け入れて、自分への労りの気持ちを忘れずに。不利な立場のまま戦い続けても無駄な努力に終わってしまう可能性が高いでしょう。

リーディング例

愛に関して占った場合
ワンドの9の逆位置を恋愛で読み解いた場合、努力の末に関係が収束すること、解消されることを示します。すでにお互いの気持ちが冷めていて、お互いのためにも別れた方が良かったのかもしれません。あるいは、二人の関係が悪化し、意地の張り合いになっている可能性も表します。頑なに自分の意思を曲げないことが原因かもしれません。意地を張るのをやめて寄り添う選択をするのがベストです。もしくは、関係性が思うように進展しないことを感じていたり、見込みのない恋愛をしている場合もあります。すれ違いで連絡も取れず、待ちぼうけをくらう可能性もあります。
勉強や仕事に関して占った場合
ワンドの9の逆位置が仕事で出た場合、不利な状態がまだ続きそうだったり、要領の悪い方法を頑なにやり続けてしまうことを暗示します。また、職場の人間関係に深入りしすぎてトラブルに巻き込まれ、なかなか抜け出せない状況を示唆することもあります。潔く立ち去る勇気が必要かもしれません。一方、転職や新しいキャリアパスを示す場合があります。あなたは今のポジションで、できる限りのことをやり尽くしたようです。あなたの情熱を再燃させる新しいチャレンジを模索してみてください。
お金に関することで占った場合
ワンドの9の逆位置がお金関連で出る場合、投資が報われなかったことを示唆しています。悪い状況の中でさらに投資するのは良くないとこのカードは警告しています。予算の設定を見直したり、経費を管理したりすることで利益を得ることができます。

カードを読み解くポイント

ワンドの9のカードは、用心深くなって守備を固めている様子を表します。困難な局面に立たされているなら、まずは状況を把握し、これ以上悪化しない方法を模索するべきでしょう。慎重で柔軟な姿勢が鍵となります。

このカードの基本的なキーワードは“備える”ことです。ピンチに備えること、向き合う力を示します。準備万端で挑むのか、準備できていない状態で挑むのかはカードの向きで判断することもあります。

また、ワンドの9は、領土や自分が得た成功の産物を守ることを示すこともあります。あなたはこれまでに勇気と粘り強さを示し、自分の力を誇示し強い立場にいます。このカードは、後退や病気の後の回復のカード、挽回を示すこともあります。

カードの意味を更に深く考察

このカードには、ワンドを一つ抱えた男性と、8つのワンドがフェンスのように並んで立っています。火は、形がないエネルギーですが、火からは土が生まれて物質化します。このフェンスに囲まれた状態はアイディアやインスピレーション、情熱などが集結していることを表します。この時に外部から余計な情報や邪魔が入ってはいけないのです。それが防衛のイメージとなったのです。

緊張感に満ちた様子で頑なに防衛を続けている男性は、傷を追っていて包帯を巻いています。これは、守るために戦い続け、エネルギーが満ちて何かを生み出すまで耐えてきたことを表します。