注目キーワード

ワンドの7(Seven of Wands)

このカードは、ライバルがいる中でも有利に物事に対処していることを表します。しかし、努力・頑張っている過程であり、結果が伴っているとは限りません。

キーワード

正位置 – Upright –
有利な立場/強気/優位/勇気/勇敢/武勇/不屈の精神/闘志/一人勝ち/他者を負かす/利益/信念を持つ/ネゴシエーション/コンテスト/底力/必死/応戦/孤軍奮闘/摩擦/妨害/裁定/議論/交渉/インタビュー/勝ち続ける/ライバル多数/多忙/がむしゃら/対抗心/ディベート/アドバンテージ/駆け引き/勝算/勝機
逆位置 – Reversed –
撤退/撤収/困惑/心配/ためらい/躊躇する/戸惑い/抵抗/動揺/不安/当惑/疑い/脅威/そそのかす/扇動/驚愕/優柔不断/弱気/消極的/骨折り損/力不足/競争激化/差別化/接戦/手こずる/ピンチ/窮地/放棄/無教養/無知/疲労困憊
英単語
Overwhelming odds surmounted. Valor. Action without planning. Negotiation. Contest. Fight for survival. Skill in martial arts. Courage. Worry. Agitation. Hesitation may cause losses. Perplexity. Fighting for what you believe in. Facing challenges.
人物像
大切なものを守るために奮闘する人。諦めない心、不屈の精神を持つ人。

ケース別キーワード

case正位置逆位置
恋愛積極的にアプローチする/愛する人のための戦い/ライバルが多い相手/玉砕覚悟の恋愛/当たって砕けろ精神/一途な思いを貫く/勝ち取る恋/失恋を恐れない精神力 障害が恋を阻む/恋のライバルに出し抜かれる/アプローチが報われない/尻込みして二の足を踏む/失恋する
仕事武術のスキル/新しい分野にチャレンジする/日々の業務に奮闘する/トラブルに立ち向かう/仕事のことで頭がいっぱい/一人で対処する/仕事人間/プロジェクトの勝算を得る/コンペに勝つ/スポンサーが集まる/駆け引きをする トラブルが悪化する/心身ともに余裕がない状態/助けてくれる仲間がいない/負けが見えているプロジェクト/不意打ちを食らう/二度手間になる/競合やコンペに負ける
その他プレッシャーに勝つ/信じていることのために戦う/計画なしのアクション/生存のために戦う/ためらいは損失を引き起こす可能性がある/モチベーションを保つ/ライバルが出現する/真の実力を身につける/自信を得る過程/期待に応える/困難に直面する/疲労困憊の中頑張る/危険に立ち向かう/足を踏ん張る/守備範囲が広い/迷いがない 気持ちで負ける/立ち位置が不安定/確証がない/信念が揺らぐ/攻撃されている/努力の邪魔をされる/孤独な戦い/圧倒される/低レベルな争い/余裕そうに見えて内心ヒヤヒヤ/裏表のある人物/押しに弱い人/怖気づいて負ける/勝算のない戦い/弱みに付け込まれる

正位置での意味

ワンドの7の正位置は、必死になってこのまま頑張り続ければ希望の光が見えてくるはずだ…と信じる強い精神力を表します。あなたは今守りたいもの、大切なもののために力を振り絞り、困難に立ち向かっているでしょう。自分のためではなく、自分以外のなにかのためにやり遂げようとする心は、真の強さに繋がります。自分でも信じられないくらいの底力を感じるかもしれません。このカードは、緊迫した状況も表します。現時点では結果がどうなるかはわからず、楽観視できる状況ではないにしても、戦い続ける価値があることだとこのカードは伝えています。ただし、ゴールに辿り着くまでに試練が立ちはだかることは必至です。

肉体的には疲労困憊で、はたから見ると追い詰められている状況ではありますが、それを乗り越えられるだけの強い信念と立ち向かう勇気があなたにはあります。約束されていない勝利や目標達成を信じる心は確実にあなたを成長させ、納得のいく結果を手に入れることができます。このカードは、困難だとわかっていても自らが積極的に取り組む姿勢、覚悟があるかで結果は違ってくると言っています。あなたが窮地に立たされていて、頼れる人がいないとすれば、頼りになるのは自分の精神力だけです。

なお、このカードは外交活動がうまくいくことを表すこともあります。周りの意識・意見や注目があなたに集中していたとしても、巧みな交渉術で危機を切り抜けることができるでしょう。今のあなたには、ずば抜けた集中力と勇敢さをがあり、どんな仕事も一人でやってのけます。一人で複数のタスクをこなします。自分の能力、才能を発揮して困難を克服することを意味します。

このカードが表示されたら、目標を達成するために競合他社や敵をかわす必要があります。挑戦者が手ごわい場合でも、あなたはそれらを克服することができます。

リーディング例

愛に関して占った場合
ワンドの7の正位置が恋愛で出たら、パートナーとの問題は諦めなければ解決できると伝えています。諦めるのは簡単ですが、前向きな姿勢で向き合えば必ず克服できます。このカードは、大切な人を守るために奮闘する姿を表しています。強い気持ちで挑み続ければ、明るい未来が待っています。また、猛烈なアプローチをすることや、当たって砕けろ精神で好きな人にアタックする様子を示唆することもあります。ピンチな状況でも毅然とした態度を保ち、強靭な精神力で挑めば、最終的には振り向かせることができるかもしれません。
勉強や仕事に関して占った場合
ワンドの7の正位置を仕事で読み解いた場合、難局に一人で立ち向かっている状況や、トラブルに立ち向かっている状況を表します。今のあなたは、一人で味方がいない中戦っているかもしれません。他の人を気にかけている余裕はないでしょう。このカードはあなたに、自分の立場をなんとか保つよう頑張れと伝えています。状況は苦しいかもしれませんが、弱さを見せないで辛抱しましょう。あなたは自分が望むもののためにがむしゃらに、熱心に働き続けます。
お金に関することで占った場合
ワンドの7の正位置がお金に関することで出たら、たとえ物事が難しいと思われる状況でも、諦めず、金銭的な問題に固執するよう指示しています。簡単に手放すべきではありません。また、お金や資産や所有しているものについての議論が勃発しそうです。状況はあなたに有利かもしれませんが、あなたは追い込まれているように感じるでしょう。

逆位置での意味

ワンドの7の逆位置は、頑張っている割に報われなかったり、努力している内容が的外れで空回りしてしまう様子を表します。そうしていると、本人は自分のやること成すことに自信が持てなくなり、何をやるにしても不安を感じたり、疑心暗鬼になってしまいます。その悪循環に陥っているとしたら、まず、自分が力を注ぐべき観点がずれていないか振り返る必要があるでしょう。自分の立場やスキルのレベルを認識した上で、目標にしていること、守るべきことを明確にし、効率よく到達できるよう頭を使ってみましょう。肉体が疲弊していると精神力も下がってきますので、休息を取れるなら取ることをオススメします。

また、このカードは混乱の時を意味します。立ちはだかる壁を乗り越える方法や、目標を達成するための手段など、あらゆる局面で選択・決断していくのに必要な“意思決定力”が低くなっています。そのため、自分の向かうべき方向が定まらず、迷いが生じて混乱に陥ってしまうのです。曖昧な状況の中にいると無駄にエネルギーを消耗しがちです。そのため、気力と体力を失うかもしれません。そんな状況から脱するためには、ごちゃごちゃとした頭の中を整理整頓することです。断捨離をすることをおすすめします。頭の中を綺麗にシンプルにすることで、自分の大切なものがわかってきます。はっきりとした行動方針を思い出すことで、自信は徐々によみがえり、不安も消えていくでしょう。

ワンドの7の正位置は、自分が信じているものを守る時に訪れる葛藤や弱い心への警告を表します。あるいは、対戦相手となる人物が、あなたを不安にさせて自信を奪おうとしているのかもしれません。また、あなたが誰かに責められている、攻撃されている、という感覚があることも示します。

ワンドの7が逆になると、勇気や闘志をうまく発揮できず弱気な姿勢になってしまうことを示します。自分の力だけでは守りきれないことを痛感したり、無力さを感じるかもしれません。優柔不断な自分に嫌気が差しているとしても、ここは冷静になり、頭脳プレーで乗り切る方向でいきましょう。そして、力任せではなく、タイミングを見計らうことも大事です。

リーディング例

愛に関して占った場合
ワンドの7の逆位置を恋愛で読み解いた場合、あなたはパートナーとの関係を諦めることを示しています。この関係性に疲労を感じ、どう対処すれば良いのかわからず途方に暮れているかもしれません。もしあなたが諦めたくないのなら、恋愛カウンセラーや親しい人に相談するのも良いかもしれません。また、このカードは恋愛においてあなたの状況が不利なことを示唆します。あるいは、愛のために何かを守ろうとしていても、守りきれない可能性を示唆します。
勉強や仕事に関して占った場合
ワンドの7の逆位置が仕事で出た場合、なるべく無駄な争いは避け、事態が穏便になる方法を模索するのが良いことを示しています。あなたの立場が不利になりそうなので、今は同僚、上司、またはクライアントと議論するのを避けましょう。いつもより慎重になることを心がけて、戦わない道を選択しましょう。また、全てのことが面倒になってしまい、途中で投げ出してしまう恐れがあります。あるいは、表面上は平然を装っていても、内心焦っていて追い込まれている状況を示す場合もあります。
お金に関することで占った場合
ワンドの7の逆位置がお金関連で出る場合、競合他社や予想外の費用があなたの財源に割り込む可能性を表します。支出管理を徹底して勝負に出るのを見送ったり、他の誰かに支援を求める必要があリます。あなた一人では到底持ち堪えることができないでしょう。

カードを読み解くポイント

ワンドの7がリーディングに登場するとき、あなた自身のために立ち上がって、信じていることのために戦う必要があるかもしれません。このカードを「あきらめないでカード」と言います。また、優柔不断さや迷いが生じると失敗する可能性が高くなることを示します。

このカードは、戦いそのものを表し、また、戦いの末に何を得られるか、何を守ることができるのかが活力となります。人は何かに没頭している最中はアドレナリンが放出されていて、痛みや疲労も感じにくくなっています。集中力が高まっている時は無心になれて、ある種の心地よさも感じます。追い込まれることで、自分の底力を発揮できるものです。この戦いの結果、負けるか勝つかよりも、悔いのない戦いができるかが成長の鍵となります。

正位置、逆位置どちらで現れても、まずは自分の意思を固めて揺らがない精神力を身につけること、悔いのない選択をすることが大事です。自分がどうしたいのか、どうするべきかを自問自答して自分の意思を確認しましょう。また、自分の気持ちに嘘をつかないことも大事です。

カードの意味を更に深く考察

このカードに描かれている青年は、何かを守るために戦っています。小高い丘の上に立っている状況から、有利な立場にいるのかもしれませんが、ここを突破されると後ろにある村の人たちが攻め込まれてしまう、といったストーリーが想像できます。

また、味方はおらず、一人でこの場を凌いで必死に戦っています。このカードは、現代に置き換えると、誰にも頼ることができずに必死で働く人々を表しているのでしょう。そのため、仕事やスポーツなどで占った場合に表示されることが多いカードです。