注目キーワード

ワンドの5(Five of Wands)

このカードは、ライバルが多くて競い合うこと、仲間と切磋琢磨して鍛えられるなどの意味があります。葛藤やディスカッション、せめぎ合いも表します。

キーワード

正位置 – Upright –
競争/衝突/自己主張/利害の相違/ライバル意識/模擬戦/対決/争い/喧嘩/苦闘/障害/騒々しい/暴力/戦争/闘争/自我の戦い/対決/議論/サポート/意見の相違/労働/強い焦り/口論/贅沢/裕福/投機の成功/多様性/欲望の追求/不和/訴訟/内面の葛藤/切磋琢磨/十人十色/生存競争/力の融合
逆位置 – Reversed –
衝突/喧嘩/紛争/意見の相違/迷惑行為/不快感/迷惑/小競り合い/策略/下等な争い/混乱/お互い様/悪化/競合がエスカレート/複雑/封鎖/努力の希釈/訴訟/不当な攻撃/足を引っ張る/フレネミー/内紛/妥協案/頑固/内輪もめ/摩擦/衝突/一時休戦
英単語
Competition. Strife. Violence. War. Ego battles. Confrontation. Argument. Support. Disagreements. Concentrated energy push. Struggle. Labor. Confusion. Escalating conflicts. Complexity. Blockade. Dilution of efforts. Images of violence and influences dangerous especially to children.
人物像
ライバルを意識して奮闘するファイター。有益な意見を交換しあう仲間。

ケース別キーワード

case正位置逆位置
恋愛不仲になる/複数の異性から好意を寄せられる/ライバルがいる恋愛/ライバル出現/相手に不信感を抱く/略奪愛/ケンカの末仲良くなる/主張し合う/思いやる気持ちの欠如 ケンカが収まらない/独占欲が強くなる/暴力的な相手/被害妄想を起こす/意地悪をする/虚しい争いを起こす/険悪なムードになる
仕事主張を曲げない/獲得レース/交渉が難航する/チームワークの乱れ/人間関係のトラブル発生/コンペへ参加する/オーディションに参加する/意見交換会/PR合戦/競合する/意見の対立 会議がまとまらない/泣く泣く妥協案を取る/仲間割れが起こる/トラブルの長期化/トラブルの拡大/未解決の問題を引きずる/意地の張り合いで収束しない
その他勇気を試す/友好的な意見の相違/対立する野心/目的のために戦う/争いごとに巻き込まれる/状況が混乱する/試練が訪れる/意見がまとまらない/事態がこじれる/我を忘れる/頑張っても成果が出ない/愚かな行動/力を蓄える/ポジションの奪い合い/ほどよい緊張感/刺激をくれる仲間 どんぐりの背くらべ/敵意ある競争/努力の邪魔をされる/フレネミー/意地の張り合い/事態がまとまらない/ケンカに負ける/非協力的/雨降って地固まる/敵が友になる/ルールが放棄される/深刻さを増す/無益な競争/立ち位置がわかっていない/現状を認めたくない

正位置での意味

ワンドの5の正位置は、自己主張が強すぎて仲間割れしたり、それぞれが自分勝手な意見を言い合うことで争いに発展することを表します。頭を働かせるより先に体が動いてしまい、力任せで強引な主張ばかりが目立つようです。チームワークの乱れを表しますが、自分自身が大人げない言動に走っていないか省みる必要があるかもしれません。話し合うべき論点とずれてしまった口論や自己主張は、互いにイライラを募らせトラブルの元になります。まずは、問題の論点を軌道に戻すことへ意識を向けて、冷静になる必要があります。あらゆる不満はそれぞれの哲学や人格・育ちの違いから生じる場合があります。このカードが現れたとき、「私のものだ!」と主張して守るべきものを誰にも渡さないために戦いを繰り広げているかもしれません。状況を客観的に評価してみてください。これは、真の実質を欠いた模擬戦闘や自我の対立である可能性があります。

個人の損得勘定よりも、チームや仲間としての利益を最大化するためにどうすればいいかを考えることが大切です。戦ったり意見をぶつけ合うことは積極性の表れであり、自分の意思があることの証明でもあります。そのエネルギーを無駄な論争でマイナスに持っていかずに、プラスの方向に行くよう一致団結することが大事です。

このカードをプラスに捉えるならば、仲間同士で情熱をぶつけ合いながら切磋琢磨し、互いを鍛え合うことで成長しようとしている様子を表すこともあります。みんなでスポーツやゲームで戦うことを意味することもあります。競い合うことで互いが磨かれていき、力が集結します。有意義な結果が得られる道を選びましょう。このカードは、子供たちのごっこ遊びのように、仲間とのコミュニケーション、競い合うことへの純粋な喜びや楽しさを表すこともあります。

リーディング例

愛に関して占った場合
ワンドの5の正位置を恋愛で読み解いた場合、心のなかに葛藤を抱えて思い悩む様子や、ライバルが多くて試練の多い恋愛を示唆します。また、自分のことで精一杯になり相手を思いやる気持ちが欠けてしまうことも表します。自分の主張を通そうとするばかりで相手の意見をないがしろにしているとケンカは収まりません。お互いの思っていることを言い合うことで理解が深まり、そこから新しいスタートを切れる可能性もあります。場合によっては、複数人から好意を寄せらることを暗示することもあります。
勉強や仕事に関して占った場合
ワンドの4の正位置を仕事で読み解いた場合、競合他社との競争や、コンペに参加することを表します。社内の対立や頑固さが問題を引き起こす可能性もあります。職場での人間関係が悪化している場合、チームワークが大きく乱れ、解決策を見つけるのに時間がかかりそうです。譲り合う気持ちに欠けていることや、意固地になっていることを表します。取引先との交渉も難航し、契約不履行になる可能性も示します。どこまでなら妥協できるか、双方で考える必要があります。
お金に関することで占った場合
ワンドの5の正位置をお金に関することで読み解く場合、あなたの財政状況が不安定であるか、競合するライバルがあなたの取り分に割り込んでくる可能性を示しています。お金と支出に関する話し合いは緊迫したムードを生みます。自分の利益ばかりを追求した考えでは主張は通らず、逆にトラブルになって結果的に誰も得をしません。お互い譲り合う気持ちを持つことが大事です。

逆位置での意味

ワンドの5の逆位置は、正位置と同じく、争いや紛争、競争の意味を持ちます。加えて、逆位置の場合は無益な争いをしてお互いが消耗してしまうことや、些細な争い事が悪化して深刻化してくることを表します。納得のいかない結果に不満が募りそうです。ここで争うのは時間とエネルギーの無駄遣いになりますよ、と伝えているのがこのカードです。そのため、ワンドの5の逆位置が出た時は、なるべく争いごとを回避する方向に持っていく努力をするのが賢明です。妥協案を見つけたり、自己主張をひっこめるなど、大人な対応を心がけましょう。頑なな態度を曲げず、自分の主張を押し通そうとすると、争いごとは激化することを意味します。その争いの結果には、勝者は一人もおらず、敗者のみが生まれ、わだかまりだけが残るでしょう。

正々堂々とルールに則った戦いは爽やかなものですが、ワンドの5の逆位置は、ルールを守らず卑怯なことに手を染める可能性も示唆します。相手が負けること、相手が失敗することを目的とした行動に走っていないでしょうか。最初は楽しいゲームをしていただけなのに、卑しい感情による妨害はその場の空気を険悪にし、楽しかった気持ちが消し飛びます。

自分がある程度実績を積んで成功を経験していると、傲慢になる可能性もあります。成功を得た後こそ、人間性を試される時です。謙虚な姿勢を意識し、相手に譲れる精神的ゆとりと冷静さを保ちましょう。このカードはエネルギーの消耗による低下を意味し、場合によっては、争い事や戦いの収束を意味することもあります。

リーディング例

愛に関して占った場合
ワンドの5の逆位置を恋愛で読み解いた場合、険悪なムードになっていることを示唆し、より柔軟になり、争い事を解決する必要があることを意味します。ケンカの発端は、おそらく互いが利己的で自己中心的になっていることが原因でしょう。客観的に見つめ直して冷静になりましょう。相手に対して意地悪な気持ちになっていたり、自己主張を通すことが目的になって問題の論点がそれている可能性を示唆します。また、独占欲にかられていたり、暴力的な言動が目立つことも示唆します。
勉強や仕事に関して占った場合
ワンドの5の逆位置を仕事で読み解いた場合、職場での協力関係が上手くいかず、口論がエスカレートして収集つかない状況に陥っていることを表します。競合他者との競争や争いごとは激化する場合もあります。職場における人間関係の悪化が長期化したり、頭に血がのぼりやすく、喧嘩っ早い集団を表します。嫉妬や妬みが募ることで陰湿な争いに発展することや、地位や名誉を頑なに守ろうとするあまり権力争いが激しくなり、心が休まらないことも示唆します。
お金に関することで占った場合
ワンドの5の逆位置をお金に関することで読み解く場合、金銭的な問題における混乱や頑固さを意味します。賢明な投資、または非実用性による損失が起こることを警告しています。

カードを読み解くポイント

ワンドの5が表示されるとき、それは権力やお金、または自己主張による闘争を示唆しています。自我の戦いは、生活の円滑な流れを妨げる可能性があります。場合によっては、資源やリソースの取り合い、または支配権や主導権を握るための競争を示します。そこには混乱と意見の相違が存在します。

勃発する争いや戦いに対して、どんな風に対応するべきか、あなたの立ち向かう姿勢が鍵を握ります。自分なりに、結果がどっちに転がろうとも後悔しない選択をすることが重要です。特に、仕事やスポーツ関連でこのカードが出る場合、勝負の踏ん張り時、頑張り時であるかもしれません。このカードが逆位置の場合は、勝負すること事態を避けたほうがいいかもしれませんが、正位置の場合は、勝負に立ち向かう中で、いかに冷静でいられるかが重要です。争いの論点がずれて無駄な消耗戦にならないよう、状況を俯瞰して見れる心のゆとりが大切です。

カードの意味を更に深く考察

ワンドの5には、男たちがワンドを手にして小競り合いをしている様子が描かれています。この争いで用いられている武器が剣や銃ではなくワンドであることは、肉体的な戦いを表します。誰でも人生において、順当だと思っていた道のりの中にほころびやトラブルはつきものです。その一場面を表しているのがこのカードです。

このカードが示す争いは、仲間内での競争や口論かもしれないし、自分の中で色んな感情がせめぎ合っている葛藤を意味するかもしれません。この戦いによって、なんらかの結果を得て、新しい価値観や新しい道が見えるはずです。

このカードは、人の数だけ様々な考えや主張があり、それをぶつけ合うことができる仲間の存在があること、競い合うことで成長できることの大切さを説いています。