注目キーワード

ワンドのペイジ(Page of Wands)

このカードは、あなたが思わず胸をときめかせてしまうような出会いや、良い知らせが舞い込んでくる予感を表します。それは恋愛や仕事や趣味の分野など、色んな場面にも当てはまります。

キーワード

正位置 – Upright –
良いニュース/フレッシュ/探求/遊び心/子ども/若者/無邪気さ/素直さ/単純/忠実/自発性/エネルギー/好奇心/情熱的/エネルギッシュ/熱烈/熱狂的/冒険好き/不意打ち/未来志向/熱意/閃き/驚き/野心/学習/自信/創造性/新たな生命/芸術家/使者/メール//電話/手紙新着情報/新人/情報収集/交渉/チャレンジ/潜在能力/伝令者/海外旅行/海外留学/外国語/意外性/新しい出会い/コミュニケーション/精力
逆位置 – Reversed –
悪いニュース/噂話/警告/衝動性/表面的/不安定/気まぐれ/浅はか/落ち着きがない/経験不足/無作法/礼儀知らず/自分勝手/心配事/心配事/衝動的/無責任/無鉄砲/支配的/優柔不断/でしゃばる/未熟/反抗的/衝動的な発想/反骨精神/せっかち/有言不実行/ぶしつけ/不器用
英単語
Questing. Playfulness. Innocence. Spontaneity. Energy. Curiosity. Learning. A person willing to accept risks. Impulsiveness. Passion in both love and anger. An artist. An envoy. A stranger with good intentions. A bearer of important news. Superficiality. Instability. A heartbreaker.
人物像:正位置
メッセンジャー。活発な人。人気者。誠実な人。誠意ある人。良心に基づいて行動する人。好奇心がある人。良い知らせや新鮮な感覚をくれる人。信頼の置ける人物。頼りになる人。信頼できる友人。リスクを受け入れてくれる人。頭の回転が速い人。若いながら謙虚な人。異邦人。外国人。朗報をもたらす人。人懐っこい人。おしゃれな人。
人物像:逆位置
あてにならない人。気まぐれな人。子供っぽい人。頼りない人。気の利かない人。自分勝手な人。礼儀知らずな人。意固地で目上の意見に耳を貸さない人。小生意気な人。反抗的な人。未熟者。目立ちたがる人。虚栄心がある人。疑わしい相手。

ケース別キーワード

case正位置逆位置
恋愛気になる異性が出現する/新鮮な出会い/駆け引きをする/友情から恋に発展/会話が弾む/性的関心の目覚め/可愛い恋人/年下の異性 気まぐれな恋/心変わりする/遊び人/望まれない妊娠/ハートブレイカー/隠し事がバレる/気持ちを一方的に押し付ける
仕事才能に気づく/交渉する/大事な連絡や重要なメッセージが舞い込む/アルバイト/今の仕事に熱中する/目の前の仕事を通じてスキルアップ/海外事業/優秀な部下や後輩 浅はかな考え/信頼を得られない/落ち着きがない/利己主義が失敗を招く/口先だけの仕事で信頼を得られない/情報が漏洩する/ハッカー
その他新たな状況/返信が来る/愛と怒り両方の情熱/眩しいほどのエネルギー/メッセンジャーの来訪/新たな局面/刺激的な人間関係の始まり/今していることを楽しんで継続/信頼関係を結ぶ/新しい友人ができる/心から楽しめる/童心に帰る/気配り上手/意思が強い/伸びしろがある/要領の良さ/自意識が強い 返信がない/主導権の欠如/注目を集めるために問題を起こす/衝動的な行動による失敗/使い走り/面倒事になる/秘密をバラす/内心は楽しいと思っていない/意思が弱い/一貫性がない/応用が効かない

正位置での意味

ワンドのペイジの正位置は、状況や事業の初期段階を表します。楽観的な態度と情熱、成功への熱意を示しています。また、このカードがある特定の人物を示すのなら、若いのに自分の力を過信せずに謙虚な姿勢で振る舞うことができる人を表します。素直に学ぼうとする姿勢があり、頭脳明晰で頼りになります。情熱的でありながら、慎重で誠実な面があるため、成果を出すまである程度の時間はかかりますがとても堅実です。それに加えて努力も惜しまないひたむきさを兼ね揃えており、一度始めたことは最後までやり遂げる強い意思があります。親しい友人の存在や見習い、学生、またはアシスタントを示す可能性もあります。ワンドのペイジの正位置は、「学生カード」とも言われていて、年齢に関係なく、子どもらしい(または幼稚な)性質を持つ人を示す場合があります。

他の意味としては、重要なメッセージや新着情報を運んできてくれる存在を表すこともあります。あなたの胸がワクワクするような新鮮な情報を入手できる予感です。また、プロジェクトや旅における初期段階を象徴します。クライアントやお客様に届けられるメッセージや伝達のことを示すこともあります。

ワンドのページは驚きをもたらす人物ですので、異邦人や外国人や、あなたの能力を呼び起こしてくれるキーパーソンかもしれません。その人物を通じて、人生の冒険が新たに始まる暗示です。あなたにとって新鮮でフレッシュな体験が待っています。

与えられた役割に忠実で、自分の無力さを認識しているからか、でしゃばるようなこともしません。自分の個性をアピールする方法としてはオシャレな装いにとどめます。こういった人物が自分の部下や後輩に当てはまるのなら、とても扱いやすくて力になってくれるでしょう。信頼関係を築くことができれば簡単に裏切るようなことはしないでしょう。

リーディング例

愛に関して占った場合
ワンドのペイジの正位置が恋愛で出たら、無邪気で遊び心のあるアプローチを示しています。開放性や誠実さ、愛に対する楽観的な態度を示しています。また、恋への期待に溢れる様子やときめきを感じていることを示唆します。あなたは恋愛への好奇心や希望にあふれているでしょう。まだ経験がそんなに伴っていないのでトライ&エラーを繰り返すかもしれませんが、学ぶ意識も強いので、いい結果に繋がります。人物を表す場合は、年下で可愛らしい異性や、従順な相手を示します。恋愛で駆け引きを楽しむ可能性も暗示します。
勉強や仕事に関して占った場合
ワンドのペイジの正位置を仕事で読み解いた場合、新しい仕事やプロジェクトを始めたり、新しいスキルを学んだり、創造的なキャリアを経験するための準備にいそしむでしょう。また、仕事において良い情報や吉報が舞い込んできたり、自分の伝えたいことが相手に伝わり、交渉も順調にいきそうです。まだ経験は不足しているので、全体像を把握するまで時間がかかるかもしれませんが、地道に努力を重ねて会社に貢献できるでしょう。将来の役に立つような情報を入手できる可能性も示唆します。
お金に関することで占った場合
ワンドのペイジの正位置がお金に関することで出たら、新しく始めた投資が報われる可能性があることを示しています。お金を稼ぐために創造的なアプローチを取ることもできるようです。未経験なことに対しては持ち前の勤勉さでカバーし、じっくり正統なやり方で富をつかめるでしょう。自分がチャレンジした投資分野に関する有力な情報をキャッチできるかもしれません。

逆位置での意味

ワンドのペイジの逆位置は、遅延や混乱、失望を表します。時として、何かを始めるのにふさわしくないことや、あなたが間違った方向に進んでいることを示します。カードが実在の人物を示している場合、その人物が信頼できないことや、未熟で経験が不足している人物、礼儀知らずで無作法な人物を表します。実力が伴っていないのに自己主張だけは一人前で自分勝手な言動が目立ちます。自分の未熟さを知らずに有識者の言うことに耳を貸そうともしません。その結果、信頼を失い周囲からサポートを得られないため、夢や目標への道は遠ざかるばかりです。まずは、己の非力さや経験不足である事実を謙虚に受け止めることから始めましょう。生意気で無礼な態度は、協力を得られないばかりか、自分の立場を苦しくするだけです。

また、このカードの逆位置は、悪報の到着やクライアントへの連絡が滞ることも暗示します。新しいプロジェクトに立ちはだかる壁を乗り越えるのに時間がかかり、なかなか進展せず軌道に乗らない事態を暗示することもあります。子供っぽい人物や異邦人、外国人などが原因で困った事態になる可能性もあります。変わり身が激しく信用できない人物に振り回される暗示もあります。

他にも、若気の至りで失敗する可能性や、精神が未熟なためちょっとつまづいただけで簡単に諦めてしまう様子を示唆します。周囲の雰囲気や状況で気分がコロコロ変わってしまうことへの警告も考えられます。

不器用で応用が効かないため、空回りして周囲を困らせるかもしれません。しかし、経験が浅い段階でそうなるのはしょうがないことです。そんな状況に対して腐ることなく、ひたむきに取り組む姿勢があれば多めに見てもらえるものです。思うような結果がでなくても信頼を失わなければ、時間とともに挽回するチャンスはいくらでもあります。

リーディング例

愛に関して占った場合
ワンドのペイジの逆位置を恋愛で読み解いた場合、幼稚な行動や、ふたりの関係を妨げるわだかまりが発生する可能性を示唆します。あるいは、非現実的な期待を相手に抱くことや、互いのコミットメントが欠如していることを示します。また、心変わりが多い様子や気が多いことも表します。恋愛に対して興味がないことを示す場合もあります。恋愛に対して無責任だったり、デリカシーのない言動で好きな人に嫌われる可能性も暗示します。浮気をしたり、浅はかな行動で自滅しないように気をつけましょう。このカードは、マナーやエチケットにもっと気を配るべきだと警告している場合もあります。
勉強や仕事に関して占った場合
ワンドのペイジの逆位置が仕事で出た場合、誤送信によるメールでのトラブルや情報漏洩する可能性や、経験不足なのに必要以上に自分を大きく見せようとして周囲に煙たがられることを暗示します。落ち着きのない人物や、幼稚で無責任な人を示すこともあります。他にも、仕事に関して雑な様子、ツメが甘いこと、安易な考えに対する警告を表すこともあります。また、より多くを学び、スキルを磨き、前進するためにもっと努力をする必要があることを告げているようです。信憑性のない噂話に気を取られて、仕事に身が入らない状態を暗示することもあります。
お金に関することで占った場合
ワンドのペイジの逆位置がお金関連で出る場合、金銭問題に対する注意を促しています。より知識が豊富で経験豊富な人からアドバイスしてもらう必要があります。あなたが苦労して稼いだ現金を投じる前に、情報収集をしてみて有力な情報が得られるまで辛抱強く待ちましょう。

カードを読み解くポイント

ワンドのペイジは若々しい姿で、時には少年、少女などの若者を示します。古いタロットデッキでは、短いパンツとストッキングのあるルネッサンス様式のコートの服装で彼をよく見かけますが、現代のタロットデッキでは、通常の子供服を着ることがあります。このペイジには、タロットデッキに応じて、子供、娘、見習いなど、他の名前も使用されることがあります。リーディングでは、ワンドのペイジを実際の人物に当てはめることが多いです。

ワンドのペイジが仕事や勉強面の占いで出た場合、スキルアップやキャリアアップにおいて近道はないことを伝えています。地道な努力を重ねて少しずつ進むしかありません。日々の積み重ねが大きなことを成し遂げるのです。実直な姿勢は周囲の信頼を集めることに繋がり、あなたにチャンスをもたらすでしょう。努力することから逃げないことが大事です。

カードの意味を更に深く考察

オシャレに着飾ったワンドのペイジは、注目されたいという自意識の高まりや、純真無垢で天真爛漫な子どもの性質を表します。未熟が故に素直で従順です。

このカードが大人に関する占いで表れた場合、外的プレッシャーから開放され自由な心を表します。人生そのものと向き合って謳歌しているようです。ペイジは何かを始めることや、学ぶことに対して子どものような純粋さと好奇心の強さがあります。また、ワンドのペイジは物事の始まりを世界や外部に向けて発信すること、ないしは自分がその知らせを受けることを表します。また予定していたことを実行にうつしだすことや、人生における新たな一歩を踏み出す準備が整ったことを示します。

一番シンプルなキーワードとしてはメッセンジャーや伝達者、メールやメッセージです。