注目キーワード

ソードの8(Eight of Swords)

このカードは、辛い状況の中、いろいろな情報があるために判断するのも難しく行き詰まっていることを表します。乗り越えられる精神力が必要な時です。

キーワード

正位置 – Upright –
拘束/束縛/忍耐/悔しさ/もどかしさ/忍耐力/どうにもできない/身動きできない/不動心/閉じ込め/恐怖/無力感/障害/妨害/拒否/罠にはまる/四面楚歌/辛い/孤立/悲しみ/自爆/責任転嫁/干渉/対立/非難/抵抗/停滞/制限/抑制/苦闘/八方塞がり/不安/苦境/考えすぎ/投獄/批判/不穏/後悔
逆位置 – Reversed –
束縛が緩む/回復/解放される/開けてくる/動きが出てくる/束縛から解放/先が見えてくる/活性化の兆し/制限がなくなる/時間の問題/悪化/混乱/落胆/事故/押しつけられる
英単語
Entrapment. Self-undoing. Fear. Helplessness. Bondage. Denial. Deception. Disturbance. Interference. Limitation. Conflict. Blame. Resistance. Problematic thoughts. Mental prison. Imprisonment. Criticism. Limitation of ideas. Great mental tasks. Past treachery.
人物像
八方塞がりで身動きが取れない人。束縛から逃れられない人。心を閉ざしている人。

ケース別キーワード

case正位置逆位置
恋愛束縛/連絡がこない/報われない恋/チャンスがない/我慢の限界/マゾヒステリック/束縛しあう関係/被害妄想/悲劇のヒロインに酔う/相手のせいにしたい気持ち/相手を責める気持ち 復縁/最悪の状態から抜け出せる/束縛から逃れられる/希望が見えてくる/素直に謝れない/意地でも別れない/一緒にいるとストレスになる関係/思いこみに囚われている
仕事ニート/苦しい状況/保留案件/締め付けられる/身動きが取れない/内向的/打つ手が思いつかない/規則が厳しい職場/監視される/仕事や責任を押しつけられる/厳重な管理体制の元で働く 近いうちに回復していく/孤独になることで危険を回避/停滞のおかげでタイミングが整う/アクシデントに出会す/突然の解任/突然の解雇を言い渡される/理不尽な扱いを受ける/険悪なムード漂う
その他無力を痛感する/自分の考えに固執する/何かを捨てる/出口がない/聞く耳を持たない/抑圧された/客観的になれない/責任転嫁する/試練の受任/女性の病気/自分に制限をかけるのが良いと思いこむ/活動の停止/理屈っぽくなる/アイデアの制限/過去の裏切り/自分の心に囚われる/問題のある考え 微かな力で別の道を試す/困難を克服する/試練の終わり/事実が見えてくる/待つことの大切さ/出口が見えてくる/束縛からの解放/悪い状態から徐々に解放される/干渉されることを乗り越える/自分で設定した限界に挑む

正位置での意味

ソードの8の正位置は、自分らしさをうまく表現できず、実力を思うように発揮できないもどかしさを示します。しかし、そのお陰で逆にリスクを回避できているため、なんとも言えない複雑な心境でしょう。今の身動きが取れない状況は一時的なもので、時間は流れ、状況は刻一刻と変化しています。一つの場所に留まり続けている現状に不安や焦りを感じているかもしれませんが、必要以上に恐る必要はありません。今は派手な行動は慎んだほうがいい運気なだけです。近いうちに行動を起こすためのチャンスはやってきますので、それまで力を温存しておきましょう。

また、あなたが今何をする必要があるのか認識しながらも、行動することを拒んでいる状態を示唆することもあります。おそらく、あなたは現状について悲観的で無力さを感じているのでしょう。その結果自分を縛りつけ、抜け出せない状態に陥ります。もし、あなたの中にある恐怖を克服できるなら「監獄の中から抜け出す」ことができるだろうと告げています。自分には力がないため、誰かに救い出してほしいという気持ちがあるかもしれませんが、本人の思い込みやネガティブな考えのせいで悪い事態に陥っている可能性があります。無力感や孤独感を必要以上に感じている今の状態は、悲劇のヒロインとしての自分に酔っているだけかもしれません。

まずは、自分自身で縛り付けていることに気づくことが大切です。このカードは、周囲の人に振り回されず、思い込みが強くなりすぎないように忠告しています。

今は、あなたの忍耐力や精神力を試されている時です。もう少し我慢をしいられる状況が続くとしても、必ず自由に解放される時は来ます。その時を信じて、マイナス思考になりすぎないよう、今はじっと辛抱しましょう。

リーディング例

愛に関して占った場合
ソードの8の正位置が恋愛で出たら、あなたがふたりの関係に閉じ込められている、または満たされていないと感じることを示唆しています。あなたはふたりの関係が良くなるように貢献しているはずですが、相手に対する期待値が高すぎるために不満を感じるのかもしれません。状況を変えたいなら、相手に対する思い込みや期待のしすぎは禁物です。あるいは、自分自身が現状を把握できていない可能性もあります。今は、自分の気持ちを抑えてじっと耐えるべき時期かもしれません。相手を責める感情を押し殺して、時間が解決してくれることを待ちましょう。
勉強や仕事に関して占った場合
ソードの8の正位置を仕事で読み解いた場合、変化への恐怖や、不自由さがあなたの活動を阻んでいる可能性があります。自由に動くことができず制限されていると感じ、あなたの可能性に蓋をしてしまいます。あるいは、あなたはエネルギーを無駄に浪費しているか、能力を十分に発揮していない可能性があります。今はむやみに行動するよりも、スキルを向上させるために勉強することの方が、前進するためには有効です。また、仕事の環境に何らかの制約やルールが設定されており、自由に働けず、縮こまった状態を示します。一方的に仕事や責任を押しつけられて息苦しさを感じるかもしれません。能力を発揮できる職場に恵まれていない場合に、このカードが出ます。
お金に関することで占った場合
ソードの8の正位置がお金に関することで出たら、身動きが取れないように感じていることを表します。しかし、それは自分自身の妄想であり幻想です。あなたはこれまで賢明な支出をしたにもかかわらず、借金に陥ったのか、自信をなくしている状態です。限られた状況から自分を解放する道を選択をしなければなりません。このカードは、若干の利益が生じることを示唆することもあります。

逆位置での意味

ソードの8の逆位置は、徐々に束縛や拘束状態から解放されることや、停滞していたことが動きを見せ始めることを示唆します。精神的にはまだ不安定さがありながら、待つことの大切さを実感できる状況になるでしょう。不安や絶望に解決の糸口が見つかる暗示です。まだ不安が残っているなら、過去の成功事例や成功体験をもとに選択するといいででしょう。懸念していたことや心配事も徐々になくなってきますので、今のタイミングは、新しいことを始めるには適しています。自分が何をするわけでもなく、ただ辛抱していただけで状況が良い方向に向かっていきます。あなたの精神力が時間を安全な方向へ進めたのです。

このカードは、障害の壁を突破するには、ものの見方や手段を今までと変える必要があることも示唆しています。これは、常識を疑ってみたり、現状に反するやり方を意味します。また、混乱している頭の中を整理する必要があることも示唆します。状況を好転させるためには、頭の中にかかったモヤモヤを取り除き、整理する必要があると告げています。それができないと状況が悪化する可能性もあります。

ソードの8の逆位置は、正位置と同じような意味合いも含まれますが、障害を取り除くことができる可能性を示すこともあり、正位置での「待ち」の状態から前進した状態を表します。窮屈な思い込みを取っ払い、既成概念に囚われない考え方にシフトできれば困難な状況から脱出できそうです。

リーディング例

愛に関して占った場合
ソードの8の逆位置が恋愛で出たら、思い込みや相手に縛られていることを示します。場合によっては、もうじきその束縛から開放されることも示します。好きな人を振り向かせるためにありとあらゆる手を尽くしましたが、打つ手がなくて撃沈していたのではないでしょうか。しかし、このカードはその状況からも抜け出せる予感を表します。また、敢えて相手の言いなりになることで自分の本心を隠してきたかもしれませんが、そういった状況に変化を起こさないとダメですよ、とカードは伝えています。他には、パートナーと一緒にいるとストレスを感じてしまうことや、別れたほうがいい関係なのに意地になって別れたくないと思い込んでいる心境を示します。
勉強や仕事に関して占った場合
ソードの8の逆位置を仕事で読み解いた場合、トラブルに巻き込まれたり、職場で疎外感を覚えたりと、最悪な状況の中にいながら、今の悪い状況からなんとか抜け出そうと努力していることを表します。あえて我慢をしたり、耐え抜くことで不要なトラブルを回避できる可能性も示唆します。仕事で制限をかけられて息苦しい思いをしたり、自分の良さを発揮できない状況だとしても、近い内にその状況から開放されそうです。今は、自分の言動に責任を持ち、それについて最大限の努力をするのみです。
お金に関することで占った場合
ソードの8の逆位置がお金に関することで出たら、あなたが金銭的な問題でやるべきことを怠っているのではないか、と警告しています。たとえば、税金の支払いを延期したり、法的問題を解決した場合は、トラブルを回避するために速やかに支払いが滞らないように対処してください。時にこのカードは、誰かからの悪いアドバイスや詐欺に関することを示しますので注意しましょう。

カードを読み解くポイント

多くのタロットデッキで、ソードの8は「刑務所」の剣に囲まれた、縛られ目隠しされた人を示しています。剣は思考と信念を表しているため、このカードはあなたが自分のアイデアで自分の刑務所を作り、自分だけが自分を解放できることを意味します。

強引に行動しようとしても最終的にはうまくいきません。正位置、逆位置どちらにしても、このカードが現れたら動き出す前に周囲の状況を把握し、よく考えることが必要です。考えている間は身動きが取れないかもしれませんが、しっかり考えることでタイミングを図ることができるでしょう。

カードの意味を更に深く考察

このカードには、体を縛られ、剣に囲まれた女性が描かれており、彼女の背景にはお城が見えています。お城は権力を象徴しています。彼女を囲む剣は完全に囲んでいるわけではなく、足元は縛られていません。これは、苦難な状況から逃れようと思えば逃れられる可能性を示しています。また、目隠しをしているようですが、これは混乱や抑圧、孤独感を演出しています。これは、「自分は無力である」という主張を彼女の姿をもってして信じ込ませようとしている状態です。自分に対する思い込み、自分に酔っている状態とも言えるでしょう。

また、ソードの8は大きな気づきを得るためのカードでもあります。体を縛り、目に見えるものを目隠しで遮り、自分の限界を知ることで絶望感を味わいます。しかし、それは同時に自分の無力さや無知であることを受け入れることでもあります。真の知性へ向かう最初のステップでもあり、悟りが開き始めることを示すカードなのです。