注目キーワード

ソードの7(Seven of Swords)

このカードは、ちょっとした出来心から不正に走ってしまう可能性を示唆しています。また、思考と行動に次矛盾が生じている不安定さも表します。

キーワード

正位置 – Upright –
不安定/不確実/矛盾/策略/戦略/巧妙/混乱/ずる賢い/ずるい/計算高い/誘惑/駆け引き/ごまかし/秘密/現実逃避/損失/作戦/無駄を省く/一匹狼/卑劣/悪党/錯覚/衝動性/忍び/裏切り/二枚舌/裏技/不正/盗難/外交/転機/相談
逆位置 – Reversed –
相談/狡猾さ/嘲笑/本音/助言/問題の解決/ユーモア/新しい計画/願い/別のアングル/危険を回避/危機を察する/スッキリする/感謝する/人助けが吉/悩み相談/備える/反省を促す/不誠実/無駄/無駄な努力/窃盗/奇襲/スパイ/臆病/優柔不断
英単語
Uncertainty. Illusion. Impetuousness. Stealth. Cunning. Strategy. Uselessness. Vain effort. Inconstant behavior. Tolerance. Unclear intentions. Advice. New plans. Wishes. Consciously defining a goal.
人物像
策略家。裏表のある人。二つの顔がある人。

ケース別キーワード

case正位置逆位置
恋愛手のひらで転がす/不倫する/浮気する/将来性のない関係/騙し・騙される/不誠実な相手/恋人を取られる/携帯を盗み見する/二つの生活を持つ人 罠に落ちる/ハニートラップにかかる/期待していたより良い恋愛/掘り出し物的相手/関係が改善する/感謝の気持ちを伝える/相手の思いがけない一面を見つける
仕事巧妙な手段を使う/ダメージを受ける/スパイ行為/詐欺/横領/金銭での不正を働く/夜逃げする/悪評がたつ/個人情報や機密情報が漏洩する 裏工作をする/未然にトラブルを対処する/アドバイスにより助かる/指導を受け持つ/情報処理や情報収集が肝心/有益な情報交換/期待していなかった良い知らせが届く
その他悪事に手を染める/全てを持っていけない/姑息な手段/知識の習得/密かに動く/相手を出し抜く/人の目を盗む/影で努力する/浅はかな言動/ずるいやり方/不穏な企て/その場しのぎ/隠し事がある/盗難や空き巣に注意が必要/相手のミスを誘う/何かを持ち出す/大切なものを盗まれる/悪事を働いた自覚がある/人を見下している/ ギリギリで危機を回避する/助けてくれた人に感謝する/ピンチを回避/良いアドバイスを受ける/考えの幅を広げる/嘘がバレる/仲間と協力する/専門家に相談する/考えがまとまる/批判の目に晒される/身から出た錆/反省すべき行為/モラルが低い/人の足を引っ張る/本音を露呈する/批判を受ける/

正位置での意味

ソードの7の正位置は、微妙な状況や問題を解決するために、念密な計画を立てる必要があることを告げています。しかし、実際に行動に起こそうとしても中途半端なものになる可能性があります。「この程度なら大丈夫だろう」や「これくらいならバレないだろう」などと言った、後ろめたさを感じる些細な不正を表します。人を傷つけるほどの悪い行いではないにしても、ずるくて卑怯な行動であることに間違いはありません。人の目を欺くような行為は、後々大きな波紋を呼ぶでしょう。自分の中の悪魔がささやき、ついついズルや不正に手を染めてしまいそうになっても、自分で自分にブレーキをかけれる自制心を持つべきです。自分の言動に責任を持ち、堂々と胸を張っていられる自分でいたいものです。

また、自分の都合で物事をごまかしたり、グレーな状況でなんとかやり過ごそうとしていることを表しています。曖昧な状況を見過ごしたり、見て見ぬふりをしていないでしょうか。あなたが計画していることは穴だらけで、必要な情報がすべて揃っていない可能性があります。もしくは、立てている計画の内容が非現実的だったり、リスクが高いのかもしれません。目的を果たすどころか、逆効果になる可能性さえあります。このカードが出たら、準備を整えた上で、慎重に目標を設定して取り組む必要があると告げています。また、直接的な争い事や対立は避け、和解の道を模索した方がいいでしょう。状況がこじれたとしても、相手と交渉するなどしてお互いの誤解を解消するために努力しましょう。

なお、このカードは周囲に気付かれないよう、水面下で動くことが適していることを示唆する場合もあります。うまくいけばあなたの立場が優位になる可能性があります。

現在の状況を乗り越えるためには、機転の効いた発想や外交手腕が必要とされるでしょう。適切なアドバイスをくれるアドバイザーや、コンサルタントの存在をあなた自身が欲している可能性もあります。

リーディング例

愛に関して占った場合
ソードの7の正位置が恋愛で出たら、パートナーと言い合いをするよりも、お互いの妥協点を探りながら話し合うことをすすめています。自分が優位に立ちたいがために、ずる賢い行動に出ているなら止めるべきです。浮気をしているなど、パートナーに隠し事をしている可能性もあります。後ろめたい気持ちを抱えながら、不安定な状態で恋愛している可能性を示します。精神的に満たされない関係を続けていると、別れの道を辿ることになります。一方、アプローチをする場合は、ストレートな直球勝負をするよりも、多少の駆け引きを楽しみながらの方が上手くいく可能性があります。
勉強や仕事に関して占った場合
ソードの7の正位置を仕事で読み解いた場合、舞台裏で作業して結果を得ることを示唆します。直接的な対立に関わらないことを意味します。また、落ち着きのなさを示す場合もあります。仕事はあなたが望む多様性や刺激に欠けていますので、変化をつけるような工夫をしてみてください。他にも、失敗をごまかそうとしていることや、自分の身を守るためになんらかの問題を隠蔽しようと企んでいることも暗示します。あなたの知らないところでプロジェクトが進行している可能性も示唆します。注意深く周囲を観察して、騙されたり足元をすくわれないように気を付けましょう。
お金に関することで占った場合
ソードの7の正位置がお金に関することで出たら、あなたが検討している金銭的なアイデアや投資を進めるべきではないと警告しています。おそらく、リスクが高すぎます。または、取引が不安定だったり、今後落ち込む可能性がありそうです。今は金融情勢の動向を見守るまでに留めておいたほうがいいでしょう。

逆位置での意味

ソードの7の逆位置は、盗みや詐欺などの卑怯な行為の被害者にならないように、注意が必要だと警告しています。誰かの悪意を察知しているのか、あなたの警戒心が高まっていることも示唆します。もしかしたら、信頼していた人に裏の顔があることが発覚するかもしれません。このカードは、万全な備えが功を奏することを示しており、ギリギリで危機を回避できることを示唆します。

他にも、臆病になりすぎていたり、優柔不断になってしまうことで頭の中が整理できていない可能性もあります。そのせいで、地道な努力を積み重ねることが無駄に感じ、無謀な夢や目標を掲げがちです。このカードは、あなたが衝動的に振る舞っていることや、あなたが過度に用心深くなってしまい、消極的になっていることを意味します。非現実的な夢を追いかけようと暴走する前に、誰か頼りになる人の話を聞いてみたり、アドバイスを受けることをおすすめします。

一方、ソードの7の逆位置は、非難されても仕方がない状況や、恥ずべき言動によって周囲から非難される可能性を表します。私利私欲に走ってしまい、ずるい方法や抜け目のない行動で目的を果たそうとしていることに対して、警告することもあります。結果的に、周囲から批判される羽目になったり、反省するよう厳しい指摘を受ける可能性があります。しかし、それはまだ見捨てられていないことの現れです。周囲の指摘や助言に耳を傾ける素直さを持てれば、良いアドバイザーが登場するでしょう。自分の中にある良心に恥じない行動をするのが重要だとこのカードは伝えています。

リーディング例

愛に関して占った場合
ソードの7の逆位置が恋愛で出たら、あまり期待していなかった恋が予想以上のものだったり、掘り出し物的な相手との恋愛を示唆します。また、このカードは、間違った行為や言動をしてしまったなら謝罪するべきだと告げています。あなたは誰かを裏切ったり、傷つけたり、思い通りにしようとして手のひらで転がしている可能性もあります。裏工作や秘密が相手にバレやすい時期なので、注意が必要です。アプローチするなら正々堂々としましょう。一方、このカードは、パートナーを支援したり、危険な状況から間一髪でパートナーを救う意味もあります。
勉強や仕事に関して占った場合
ソードの7の逆位置を仕事で読み解いた場合、職場での不正や詐欺行為に関する被害を受けないよう警告を促しています。何らかの変化に迅速に対応できるよう、予め情報収集を行うなど準備を怠らないことが重要です。このカードは臨機応変に、柔軟な姿勢を保つ必要があることを伝えています。そうすることで未然にトラブルを対処できる暗示です。また、誰かのアドバイスを受けることも有効です。逆に自分が誰かに指導やアドバイスをして助けることもありそうです。悪い意味では、自分の都合で他の誰かを利用することも意味します。
お金に関することで占った場合
ソードの7の逆位置がお金に関することで出たら、最速でお金持ちになるための計画を目論んでいたり、ギャンブルで一攫千金を狙うなど、楽して儲けようとしていることを表します。正当ではない方法でお金儲けをしようとしている可能性があります。このカードは、詐欺を意味したり、あなたが不正な手段で得た利益を示唆しています。

カードを読み解くポイント

ウェイト版を含むいくつかのタロットデッキの絵柄では、男性が5本の剣を持ち去ろうとしており、2本の剣は彼の後ろの地面に残されています。このカードが表示されるとき、あなたが何らかの挑戦や問題に直面していることを示しており、目に見えない危険を克服するために注意を払う必要があることを示唆しています。

占いでこのカードが出たら、悩み事が恋愛や仕事でも正々堂々とした態度でのぞむべきたと伝えています。自分が得することばかりを考えて、影でコソコソ不正を働いたり、抜け駆けをしたりしていないでしょうか。一時的にうまく行ったとしても、結果的には最悪の結果を招くことになるでしょう。

カードの意味を更に深く考察

このカードは争いのテーマの中で、直面している問題に対して何らかしらの行動を起こそうとしていることを意味します。その行動の内容というのは、注意深い計画が必要になる状況にもかかわらず、衝動的で浅はかな行動に走ってしまう可能性を示します。それは大胆である可能性もあります。

このカードに描かれている人物は攻撃するでもなく、持ち出そうとしている剣を全て持っていけるわけでもなく・・・何とも中途半端な行動としか思えません。このカードが示す行動は、問題に対してなんの解決にもならない、無駄な行為であることを示唆しています。