注目キーワード

ソードの4(Four of Swords)

このカードは、何か大きな問題を乗り越えた後の休息、あるいは肉体的にも精神的にも疲弊している様子を表しています。無理をせずにゆっくり休むべき時です。

キーワード

正位置 – Upright –
休憩/休息/黙想/回復/内省/休戦/休養/癒し/小休止/疲労回復/休止/入院/同盟/和平交渉/間隔/退却/退避/契約/濃度/メンタルワーク/安息/補充/充電/リラックス/スローライフ/祈り/病院/睡眠/孤独/隠遁/慰め/平和/休戦/猶予/撤退/瞑想/療養/オアシス/一時避難/待機/静止
逆位置 – Reversed –
慎重/回復/暇/休めない/無動/お墓/亡命/村八分/拒絶/追放/孤立/排除/放棄/寂しさ/衰弱状態/病欠/不参加/再始動/急ブレーキ/追い込まれる/無理に休む
英単語
Rest. Recuperation. Introspection. Recovery. Truce. Alliance. Peace talks. Calm after a conflict. Interval. Retreat. Agreement. Concentration. Mental work. Mental challenges. Respite. Rest after illness. Repose. Replenishment. Solitude. Exile.
人物像
病院で寝ている人。疲れ果てて眠っている人。癒しの空間に身を置く人。瞑想する人。

ケース別キーワード

case正位置逆位置
恋愛誤解を招いてしまう/思うように会えない状況/孤独感を感じる/距離を置くべきタイミング/喧嘩や結婚話は一時的に停止/一人になって本心を確かめたい時 現状を分析する/疎遠だった相手との関係が動き出す/互いのタブーに踏み込む/本当に好きな人が誰か気づく
仕事出直す必要性/インターバルを挟む/一時休業/オーバーワークによる疲れ/仕切り直し/一時保留にするのが良い/退職や産休などで一時的に仕事から離れる/有給を取得する 休む間もない/思考が働かない/休暇明け/保留にしていたプロジェクトが動き出す/復職する/組織内が新体制になる/ブランクを克服する
その他紛争後の落ち着き/精神的な課題/病気の後に休む/嵐の後の静けさ/心身の休養をとる/眠りにつく/思考を停止する/外部の情報を遮断する/穏やかな時を過ごす/静寂した空間/一時的な休息/絶妙な距離感をとる/未来に備える/墓参りする/マッサージやエステなどの癒し/良質な眠りにつく 地味な解決法/ゆっくり始動/休みが多すぎる/動きがない/休養のタイミングを逃す/予想外の休止/慎重/ストレスが解消する/退院する/心の内を話す/状況が整う/再起を目指す/気力が充実する/長期休暇の終わり/眼から鱗のような気づきを得る/だらだらと休んでしまう/休むペースが掴めない

正位置での意味

ソードの4の正位置は、休養中に入ったことを示し、物事のスピードは減退傾向にあることを示します。どれだけ自分の体力や精神力に自信があったとしても、誰でも延々と働き続けることはできないものです。今は一時的な休息を必要としている時です。問題にぶち当たったり、行き詰まった時に最も必要なのは、一時的にその状況から距離をとってみることです。突き進んできた人にとって、一時的に立ち止まることやストップすることは怖いことかもしれません。しかし、休みを挟むことによって活力や推進力を蓄えることができ、休む前の状態よりも良い状態で取り組めるものです。休養することで今後のことや未来についてじっくり考えることができます。目の前のことに必死になることも大事ですが、一息ついて、長期的な計画を練り直すことも必要です。突き進むことばかりを考えるのではなく、立ち止まって過去を振り返ることも大事です。立ち止まることが問題解決への近道である可能性が高いのです。

このカードは、あなたが困難な時期を経験し、今では内省と孤独の必要性を感じていることを意味します。自分が経験したことを振り返って、それが何を意味するのかを理解しようとしているので、将来の計画を立てることができます。また、身体の病気や怪我の後、回復し始めていることを示します。

今のあなたはストレスの多い環境から離れることを必要としているのではないでしょうか。このカードは、充電期間が必要であることや、休息や休養をとることで元気になれることを意味します。休息と寛ぎの日々を過ごすことで、心機一転してスタートが切れるでしょう。問題や争い事が一時的に収まることも示します。

リーディング例

愛に関して占った場合
ソードの4の正位置が恋愛で出たら、自分のためだけに時間を割く重要性を意味します。また、あなたが本当に必要としている相手との関係性を見つめ直す必要があることも示唆します。そのためには一人になって、自分の内面とじっくり向き合わなければなりません。停滞している恋愛に不安を感じているかもしれませんが、それは悪い兆候ではなく、よりいい恋愛をするために必要なものだと解釈しましょう。今はあくせく動くことよりも、休むことが大事な時です。相手へのアプローチも一時的にお休みし、受け身の態勢でゆっくりした時間を過ごしましょう。自分磨きに時間を当てても良いですし、次なる恋愛への活力を養いましょう。
勉強や仕事に関して占った場合
ソードの4の正位置を仕事で読み解いた場合、あなたは仕事で燃え尽きていると感じ、休暇が必要な時かもしれません。ストレスや混乱、困難の期間が過ぎ去り、やっと頭を空っぽにできる時が訪れました。その時間の中で物事を整理することができ、本来の力を取り戻せます。利益を追求せずに、原点に立ち戻る時を示唆します。がむしゃらに走り続けてきて、気づかないうちに体調を崩してしまう可能性もあります。あるいは、働きたくても職が見つからないことを示唆することもあります。人間関係では気疲れして、周囲から距離を置きたいと感じているかもしれません。忙しい環境や人間関係から距離をとり、一時的な充電期間を設けましょう。
お金に関することで占った場合
ソードの4の正位置がお金に関することで出たら、金銭面での注意​​や分別を促しています。あなたは財政的な問題から自分自身を切り離す必要があるようです。このカードは、経済的な負担に圧倒されて、休息を必要としていることを示唆します。お金のために自転車操業のような働き方を続けてきたのではないでしょうか。お金を稼ぐことよりも、自分の体を優先して労ってあげるべきだと告げています。

逆位置での意味

ソードの4の逆位置は、正位置と同じく休息を必要としていることを示しますが、そのタイミングを逃してしまう可能性や、うまく休めないことを意味します。もし休みを取れたとしても、有意義なものではなく、無駄に浪費して自堕落な生活をダラダラ続けてしまうかもしれません。緊張の糸がプッツンしたのか一気に怠け者へと変貌し、ずる休みをする可能性もあります。また、不本意にも休みを中断せざるを得ない状況に陥る可能性もあります。休みをとるにしても実のある休養を心がけて、どれくらいの期間、どのように過ごすかを予め考えておいた方が良さそうです。また、自分は休みたくないのに無理やり休まされる可能性も示唆します。

このカードは、休む必要があるのに休めないままでいると、体や精神が悲鳴を上げて病気になる可能性があることを示唆します。強制的な休養を余儀なくされるかもしれません。心や体、魂に回復の機会を与えない限り、状況は悪化します。焦りや焦燥感に囚われて休まないままでいることは、長い目で見てあなたのためにはなりません。

ソードの4の逆位置は、これまで述べてきたこと以外にも「回復の完了」を告げる意味を持ちます。休息時間が終わり、目覚めの時を迎えることや、再始動の段階に入ったことを表します。休息が終わると言うことは、安全な場所から離れることも意味しますので、注意深さが必要とされます。まだ病み上がりであることを忘れてはいけません。

リーディング例

愛に関して占った場合
ソードの4の逆位置が恋愛で出たら、ふたりの関係を放置することを意味するかもしれません。場合によっては、一時的な別れを意味する可能性があります。その場合は古い傷を癒し、問題を明確にした上で自分磨きに取り組みましょう。あるいは、気弱になってしまい動きたくても動けない状態を示しているかもしれません。また、一時休止の時期は終わり、動き出すタイミングを表している場合もあります。疎遠だった相手と急接近して再び関係が動き始めることも示唆します。行動を起こすにしても慎重さは忘れないようにしましょう。
勉強や仕事に関して占った場合
ソードの4の逆位置を仕事で読み解いた場合、職場のストレスや上司の要求に対処するのが困難だと感じていることを示します。しかも、この状況から抜け出す方法をまだ見つけることができていないかもしれません。カウンセラーや尊敬する人にアドバイスを求めることが有効でしょう。あなたに新しい視点を与えてくれるはずです。あるいは、あなたが周囲から遅れを取っていると感じていることも示唆します。また、このカードは休暇明けや復職を意味することもあります。休暇をとったおかげでリフレッシュができて、生まれ変わった気分で仕事に取り組めるかもしれません。離職中のブランクを克服することや、新しい体勢や環境で仕事をスタートする暗示もあります。
お金に関することで占った場合
ソードの4の逆位置がお金に関することで出たら、金融問題に関する後悔を示唆することがあります。また、今のあなたにとって一番必要なのは休息ですが、お金を稼ぐことを優先してしまう危険性もあります。お金のために自分自身を奮い立たせ、エネルギーを使い果たしてしまいそうです。一度ゼロになったエネルギーを回復させるためには、かなりの休養を必要とするでしょう。

カードを読み解くポイント

このカードは、トラブル発生後の軌道修正をするために、引き下がることや休息を取ることを表します。一部のタロットデッキでは、戦いの後に、回復するために横たわる騎士を描いています。

このカードは正位置で現れる場合は「休養中」を意味しますが、逆位置では「回復完了」や「衰弱」の相反する2つの意味を持ちます。また、現状からの回復を示すカードでもあります。根本的には強い生命力がありますので、不安な気持ちを持つ必要はありません。まずは自分のケアを心がけてください。

カードの意味を更に深く考察

「4」の数は安定性を象徴します。ソードのスートは試練や戦いが主なテーマなので「幸せ」に直接的な結びつきはなく、ソードにおける「4」の数は休息や静養を意味します。ウェイト版のタロットデッキの絵柄においては「死」を意味するわけではなく、引き下がることを示しています。困難に直面した時に誰だって一人の時間が必要になります。静寂の中に身を置くことで、脳も心も「無」にすることができます。このカードは瞑想に似た意味を持つのです。

引きこもることもこのカードに当てはまります。引きこもりと聞くと、悪い印象を持つかもしれませんが、回復のために必要な「引きこもり」であれば良いカードだと解釈することができるでしょう。