注目キーワード

ソードの3(Three of Swords)

このカードは、今まで目を背けてきた問題と向き合うべき時が来て、心に大きな傷を受けることになるかもしれないと伝えています。辛いかもしれませんが、逃れられないようです。

キーワード

正位置 – Upright –
悲観/悲しみ/衝撃/絶望/涙/傷心/失恋/孤独/孤立/裏切り/不和/不調和/別離/分裂/分離/離散/苦しみ/苦悩/心痛/後悔/悲嘆/喪失/失望/疎外/エラー/欠席/緊張状態/罪悪感/争い/センス/トラブル/失意/深い傷/離脱/手術/不在/人間不信
逆位置 – Reversed –
乱心/混乱/混沌/困惑/無秩序/逆恨み/疎外感/分ける/別れ/破綻/理不尽/独善/除去/分散/放心/遅延/心痛/涙/悲しみ/喪失/嘆き/流産/疎外感/失望/傷/不運/苦悩/傷心/背信/不幸/病気/喧嘩/分裂/破局/間違い/自暴自棄
英単語
Suffering. Heartache. Regret. Grieving. Sorrow. Loss. Lack of mercy. Separation. Alienation. Grief. Error. Absence. Sorrow. Locked-up emotions. Religious bigotry. Self-righteousness. Removal. Dispersion. Conscious insight. Decisive realization.
人物像
嘆き悲しむ人。心が傷ついて泣いている人。立ち直れないほどの痛みを負う人。

ケース別キーワード

case正位置逆位置
恋愛三角関係のトラブル/離婚する/失恋する/引き裂かれる愛/浮気や不倫が発覚する/精神的に大人な人/痛みを学ぶ恋愛 三角関係のトラブル/離婚する/失恋する/邪魔が入る/愛する人を失う/嫉妬深い/被害妄想が膨らむ/裏切られたと感じる行為/失恋を恐れる/納得いかない別れ
仕事不履行/解雇される/痛手を被る/プレゼンが失敗する/仕事を辞める/不採用通知/機械関連の仕事/ビジネスマターな態度/ミスを押し付けられる/アパレル関連/外科手術 計画が中断される/劣悪な職場環境/情報を処理しきれない/ミスを連発する/損失を被る/仕事として割り切れない/人間不信に陥るような出来事が起こる/味方だと思っていた仲間の裏切り
その他必然的な別離/有益な分離/心が痛む/争いが起こる/別離を経験する/中傷される/大切な人を失う/ショッキングな出来事/分裂の危機/閉じ込められた感情/宗教的偏見/慈悲の欠如/辛いニュース/過去と向き合う/誰かに裏切られる/張り裂けそうな思い/癒しのための嘆き/悲観から解放されて喜ぶ/苦痛を経て叡智を得る/ 耐えられない現状/間違った継続/裏切りが明らかになる/心の傷が痛む/なかなか回復できない事態/身を引く/時間がかかる/痛みを伴う離別/過去を引きずる/傷口を広げる行為/回復には時間がかかる/不条理な境遇/良くない方向に話が進む/強い拒否反応/ひがみっぽくなる

正位置での意味

ソードの3の正位置は、分離を意味しており、愛する何かや誰かとの繋がりが切れることや、どうしても避けて通れない悲しみや苦しみを経験することを示唆します。誰かのせいにしたくても、誰のせいでもなく、今までの流れでそうなってしまったということもあります。誰でも苦難を経験するものであり、もがけばもがくほど悪化していきます。こんな時は、大人しくただ時間が過ぎていくのをジッと待つことです。時間が自然と傷を癒してくれるはずです。焦らず、ゆっくり心を落ち着けて休みましょう。

このカードは、意味のあるものや生活様式、家や家族、哲学や仕事などから孤立し、切り離されていると感じることも示唆します。あなたの人生の何かを失ったことは、必然的に手放す必要があったことを意味するのです。魂はダイヤモンドです。研磨(磨く)する過程で削り取られていく部分は輝きを放つために必要です。そのことを自分に言い聞かせて未来を信じましょう。

ソードの3はただ辛い悲しみや苦悩だけを示しているのではなく、心が傷つくことで人生における重要な気づきを得ることができることも示唆します。その経験があなたを成長させてくれるのです。感情的には嵐のように荒れ狂うかもしれませんが、その悲しみや苦しみは永遠に続くものではありません。不幸な結果を受け止めることで、再出発のチャンスが得られます。このカードは苦悩を経て新しい自分への旅立ちを示すでしょう。

知りたくなかったこと、不本意な状況を理解し対峙することで、失意の中にありながら次なる一歩を踏み出そうとしています。正位置の場合は、目を背けたくなるような現実に打ちひしがれながらも、受け止められる勇気と忍耐があることを表します。

リーディング例

愛に関して占った場合
ソードの3の正位置が恋愛で出たら、パートナーとの分裂や絶望を味わうことを示唆します。ふたりの関係に救いの余地がある場合、お互いの思いやりと理解力で溝を埋めることができるでしょう。相手に自分の想いが伝わらず諦めようとしていることや、自分の気持ちを誰かから非難されて傷ついていることを示しているかもしれません。過去に負った心の傷を引きずっていて恋愛に臆病になっている可能性もあります。辛い状況が続くようであれば、自分の精神を守るためにも身を引く決断が必要かもしれません。あなたの望みや想いが叶わないことも暗示します。場合によっては、このカードは次のステップに進むタイミングだと告げています。
勉強や仕事に関して占った場合
ソードの3の正位置を仕事で読み解いた場合、あなたが打ち込んできた仕事を失うことを意味します。あるいは、職場で孤立して不満を感じるかもしれません。賢明なビジネス上の決定を後悔したり、楽しみながら仕事をすることができない状況を示す可能性もあります。辞職したいと思うほどに自分を追い詰めてしまい、精神的にいっぱいいっぱいになっている可能性もあります。予期せぬトラブルや災難が生じたり、仲間にミスを押し付けられるかもしれません。この不幸な一連の出来事を「変化の兆候」として見てみてください。今は動かずジッと耐える時なのです。
お金に関することで占った場合
ソードの3の正位置がお金に関することで出たら、合理的な心や感情的な心のどちらかによる損失を表しています。問題を避けるためには、どちらの心にも偏ることなく、両方の心を重んじる必要があります。信頼できる誰かからのサポートが受けられなくなる可能性もあります。あるいは、過去の栄光と現状を比べて、嘆き悲しんでいる場合もあります。

逆位置での意味

ソードの3の逆位置は2つの意味合いがあります。正位置の解釈を強めるケースと、不幸な状況の中で悪あがきすることでますます悪化するケースの2つです。大きな傷であればあるほど、回復には時間がかかるものですが、あまりの衝撃にパニックを起こしてしまい、何かをせずにはいられないと感じて焦ることを示唆します。ショッキングで辛すぎる悲しみを受け止める心の準備ができていなかったせいか、空回りして自暴自棄に陥る可能性があります。自分以外の誰かのせいにすることで心を軽くしようとしていませんか?逆恨みをするようなこともありそうです。誰が悪いとか、そういう次元ではなく、自分の成長のために避けては通れなかった不運だったと受け入れることが大事です。そんな綺麗事言ってられないというほど傷ついているなら、まずは一時休止で傷心旅行に出るなど、頑張ることを中断して気分転換してみましょう。今は、傷ついた心を癒してくれる十分な時間の確保と、頭を空っぽにできる静かな環境が必要かもしれません。

一方、逆位置は正位置よりも問題が軽微なもので、必要以上に悲観的になっていることや、失望は一時的なものであり大袈裟に受け止めるべきではないことを示唆する場合もあります。真実を受け入れることは辛いですが、一度直面すると、物事を改善することができることに気づけるはずです。問題から目を背けず、勇気を出して対峙してみましょう。

ショックな出来事に対して混乱してしまい、受け入れることができないままでいると、痛みは長引きます。被害妄想に陥らずに、まずは気持ちの整理を心がけてみましょう。拒絶したい気持ちもわかりますが、受け止め方次第で回復の兆しが見えてくるかもしれません。

リーディング例

愛に関して占った場合
ソードの3の逆位置が恋愛で出たら、心が痛む経験を示しますが、過去の問題に取り組み、物事を改善しようとしています。後悔や罪悪感、恐れを手放す必要があるようです。このカードは損失を受け入れて前に進むべきだと告げています。悪化する方向での意味といては、あまりに深く傷ついてしまったことで自暴自棄な行動に出ていることを示します。心の傷がさらに大きくなるような、精神状況の悪化を示すこともあります。嫉妬心や復讐心が芽生える危険性もあります。負の感情を増大させることは、最終的に自分自身を傷つける行為になることに気づいてください。
勉強や仕事に関して占った場合
ソードの3の逆位置を仕事で読み解いた場合、傷ついた状況から抜け出そうとしている可能性を示唆します。あるいは、最悪の事態が終わり、間違いから学びを得たことを示唆することもあります。混乱や詐欺、判断力の低下に注意を払い続けましょう。悪い意味では、解決策が見つからず、復旧の目処が立たないことに対する絶望を示唆します。完全に立ち直るためにはたくさんの時間が必要になりそうです。動けば動くほど不利な状況に陥りますので、今はジッと耐えましょう。
お金に関することで占った場合
ソードの3の逆位置がお金に関することで出たら、過去の出来事を引きずり、後悔していることを示唆します。ソードの3の逆位置は、非難と罪悪感を解き放ち、時間をかけて心の傷を癒し、新たなスタートを切ることをすすめています。

カードを読み解くポイント

3本の剣がハートを貫いている絵柄は、見ているだけでも痛々しいものです。タロットで最も悲しいカードの1つであるこのカードは、深い感情的な痛みや失恋、悲劇を象徴しています。 3本の剣が示す苦しみは避けて通れないことかもしれません。ただし、このカードは、自分を責めるのではなく、悲しい出来事と自己を切り離して考える必要があることを告げています。

避けては通れない悲しみや苦しみを示すカードですが、だからと言って必要以上に落ち込んだり、被害者意識が高まりすぎるのは禁物です。目の前に立ちはだかる試練や困難は、あなたが乗り越えられるからやってきているものです。人生に起こりうる出来事は、全てに意味があり、乗り越えられないわけがありません。辛ければ辛いほど、神様はあなたの強さを信じているということです。乗り越えた先には今まで見ることができなかった希望の光を見ることができるはずです。

カードの意味を更に深く考察

ソードの3は、ある種の静けさをもたらします。悲しい出来事を経験すると、まずはその事実を受け入れることが大事です。悲しみを感じて感情を解放してあげることで、その悲しみは違うものへと変容し乗り越えていけます。問題や課題と向き合わず、逃げたり拒もうとすればするほど、せっかく与えられた再生のチャンスも遠のいていくばかりで同じような問題や課題に出くわして不運を繰り返します。それは、自分の中に苦しみを閉じ込めてしまうことにもなるのです。痛みや苦しみを受け入れて、思いっきり感じることで痛みも伴いますが、その痛みは感情の解放をも意味します。

ソードの3は、勇気と愛によって痛みが別の何かに変容していき再生することを意味します。受容と愛こそが、人生に深みを与えてかけがえの無いものにするのです。