注目キーワード

ソードのクイーン(Queen of Swords)

このカードは、過去に辛い経験をし、それを乗り越えることで精神的な強さを手に入れ成長した大人な女性を表します。他者に多くを期待せずに自立しています。

キーワード

正位置 – Upright –
社交性/理解力/率直/クール/知的/利発/賢い/インテリジェンス/独立/権威/客観性/重大度/恵み/丁寧さ/パーティ/非情/不妊/思慮深い/内相的/独立独歩/自立/器用/分析的/批判的/合理的/従順/禁欲的/物静か/教育的配慮/洞察力/厳格/常識的/聡明/心の強さ/バランス感覚
逆位置 – Reversed –
偏見/批判的/皮肉/不寛容/意地悪/卑屈/執拗/孤立/孤独/離婚女性/亡命/プライベート/欠席/ずるい/虐待/狭心/悪意/悲しみ/苦渋/心配ごと/不機嫌/隔絶/残酷/報復/冷淡/偽善/哀悼/欠如/喪失/流産/不毛/離婚/剥奪/別離/精神的不安定/イライラ
英単語
Intelligence. Independence. Authority. Objectivity. Communication. Concentration. Severity. Grace. Attentiveness. Repartee. Quick wits. Intensely perceptive person. A subtle person. Mourning. Exile. Privation. Absence. Cunning. Cruelty. Narrow-mindedness. Maliciousness.
人物像:正位置
キャリアウーマン。悲しみを知る女性。自立した女性。知的な人。独立した人。受容性のある大人の女性。隙がない人。未亡人。独身女性。
人物像:逆位置
微妙な人。面白みに欠ける人。頭が硬い人。批判的で威圧的な人。シングルマザー。離婚した女性。情緒不安定でヒステリックな人。完璧主義者。高飛車な人。

ケース別キーワード

case正位置逆位置
恋愛真実の恋を見つける/聡明な女性/近寄りがたい相手/隙がない相手/異性を寄せ付けない/知的な魅力/不妊や離婚の可能性/知的な会話がはずむ 強情で言葉で人を傷つける/気取った態度/ウブなフリをする/相手の浮気を疑う/冷めた関係/性格のキツい相手/批判的で冷酷な人
仕事鋭い視点/感情に振り回されない/頭脳明晰/卓越した人物/プライベートに干渉しない人/女性の特権を打ち出したキャンペーン/適切な財政プラン/知的な論議/コストカットする/迅速な対応/適切な決断を下す 不平不満や批判ばかりを訴える/部下を褒めない上司/心が折れるような言い草/緊迫した職場の雰囲気/一筋縄ではいかない取引/手先が不器用でミスをする/不安から臆病になる
その他冷静な態度/情に流されない/必要に応じて行動/悲しみを乗り越える/客観的な視点/冷静な判断/私情を挟まない/過去から学ぶ/悲しみをよく知っている/知覚が鋭い/頭の回転がはやい/本質を見抜く/ほどよい距離感を保てる/優しさと厳格さを併せ持つ/一人の時間を大切にする/真実を伝える/周りに流されない強い意志 知らしめるために行動/受け入れない/了見が狭い/主張を受け入れてもらえない/出会いと別れを繰り返す/子宝に恵まれない/信頼性の欠如/一貫性にかける/周囲から煙たがられる/融通が効かない/発言が二転三転する/仕返しを考える/私情を挟みやすい/すぐ感情的になる/過剰防衛/無理をして体調を崩す

ソードのクイーンと関連するカード

正位置での意味

ソードのクイーンの正位置は、権威や知恵、権力を表しています。ソードのクイーンは感情的な試練を経て、人間的に大きな成長を遂げたことを表します。あなたの意志は強く、家庭やビジネスの世界で重要な役割をこなせる高度な知性を持っています。あなたは、強い意志を持っており、発言には説得力があります。人の内面を見通す洞察力があり、人の痛みに共感してあげることもできます。ソードのクイーンはバランス感覚に優れており、優しさと厳しさを併せ持っています。情にながされることはなく、その場その場で冷静に的確な判断を下します。

ソードのクイーンの正位置を実在の人物として表す場合、痛みや悲しみを知性に変えて、自立した独身女性や、離婚を経験した女性、または未亡人を示すことがあります。彼女はコミュニケーションスキルが優れており、作家や教授、弁護士、大臣、ビジネスリーダーなどを示す可能性があります。この人物は、知的で人の心を見透かすような洞察力持っています。普段はもの静かでクールですが、発言する言葉には重みがあり説得力もあります。自分に厳しい性格のため、他人にも同じような厳しさを求める場合が多少ありますが、根本的には人の痛みがわかる優しい人です。立場上、辛い決断を迫られることもありますが、私情を挟まず、きちんと決断を下せる勇気と潔さを持っています。厳しさの中にも優しさや意志の強さが見受けられ、部下や後輩から慕われるでしょう。

ソードのクイーンは成熟した面倒見の良い理想の母親像とも重ね合わせることができます。ビジネスや家庭の場において、あなたの存在は周囲に安心感を与え、尊敬の念を集めます。クイーンが象徴するのは、現状での重要な役割を果たす女性であり、問題に直面した時に必要とされる解決能力です。

リーディング例

愛に関して占った場合
ソードのクイーンの正位置が恋愛で出たら、ふたりの関係の中で白黒つけることを示唆します。別れることや平等を追求することも示唆します。また、キャリアの目標を追求するために独身を貫いたり、子供を作らない選択をする可能性も表します。パートナーシップでは、情熱やロマンチックさよりも、アイデアや世の中の関心事をシェアし合うことが理想だと考えています。このカードは、隙がなくて異性を寄せ付けないことを示唆することもあります。クールで知的な雰囲気が、恋愛に興味を示していないと誤解されがちです。クールビューティーな年上の女性や、上から目線の異性を表すこともあります。
勉強や仕事に関して占った場合
ソードのクイーンの正位置を仕事で読み解いた場合、コミュニケーション分野でのキャリアアップを表すことがあります。あなたの知性と客観性は仕事での成功を後押しするでしょう。仕事では、自分の決断ややり方に自信を持っており、ミスも少なく完璧な仕事ぶりを発揮できます。人間関係においては社交的な反面、内心人を見下しているところがあるかもしれません。説明力が高く、誰にでもわかりやすく指導することができ、管理職につくこともあるでしょう。また、このカードは、自分の地位を確立させるためにはあなたが望むものを明確にして、きちんと意思表示することが重要だと伝えています。
お金に関することで占った場合
ソードのクイーンの正位置がお金に関することで出たら、SNSを使用して、同じ志を持つ人たちと力を合わせて利益を得ることをすすめています。その際、感情が金銭的な決定に影響を与えないようにしてください。

逆位置での意味

ソードのクイーンの逆位置は、あたなが閉じ込められ、限定され、自分の本音を話すことができないと感じる可能性を表します。あなたはイライラを募らせ、精神的に不安定な状況です。そのイライラの矛先は周囲に向かい、逃げ場がなくなるほど相手を理詰めで追い詰めてしまう可能性があります。感情的になってしまい、理屈の通らないことを主張している可能性もあります。また、職場や家庭での失望や約束の破綻で、希望を見出せないことを示す場合があります。本来の実力を発揮する機会が与えられなかったと感じていたり、変わりのきく役割や、面白みのない仕事を渡されたと思うかもしれません。あなたのヒステリックな感情が、この状況を脱することを邪魔している可能性があります。

あなたは几帳面で、小さいことにも矛盾を許さないような、潔癖症な性質を持っているかもしれません。時にその性格は、周囲の価値観とズレが生じる原因となり、人間関係がうまく行きません。そういったギクシャクした雰囲気を作り出しているのは自分だという自覚を持たない限り、不満足な状況から抜け出すことはできません。自分の価値観を周囲に押し付けることをやめ、常識的で公平な視点を持つよう心がけましょう。

鋭い批判力が自分の首を絞めていることや、否定的な態度で周囲を受け入れようとしない頑なさを改める必要があります。相手を受け入れる寛容さを持ち、自分が精神的に未熟であることを認める勇気が必要です。

リーディング例

愛に関して占った場合
ソードのクイーンの逆位置が恋愛で出たら、失望や損失による苦い経験を経て、自分の殻に閉じこもる可能性を示唆します。また、相手に対して批判的な言葉を浴びせ、傷つける可能性もあります。コミュニケーションをする中で、柔軟性や冷静さを失っている可能性も示唆することもあります。自分の考えが正しいと主張して強情になっていないでしょうか。相手に自分の意見を押し付けようとしても、仲が余計にこじれるだけです。完璧主義や意地を張ることで相手を窮屈にさせ、愛想を尽かされる可能性があるので気をつけましょう。正論が良いとは限りません。時には相手のプライドやメンツを立てるために、問題を追求しすぎないことです。白黒つけようとせずに、グレーを許せる寛容性を持つことが良い関係を保つ秘訣です。
勉強や仕事に関して占った場合
ソードのクイーンの逆位置を仕事で読み解いた場合、あなたの長所でもあるユーモアと創造性を使いこなせていない可能性を示唆します。自分の能力が高く評価されていないと感じているかもしれません。上司から批判的な意見を投げかけられたり、あなたが同僚に対して妬みの気持ちを持ってしまうことを示唆します。あるいは、周囲の人が頼りにならなさすぎて失望感を抱いているかもしれません。職場で息苦しさを感じる暗示もあります。現状の苦しさは、自分が無意識に相手を見下していたり、価値観を押し付けていることで起きていることかもしれません。また、感情的になりすぎているか、理詰めになりすぎて、知らず知らずのうちに相手のプライドを傷つてけているのかもしれません。その点を改めることができれば、状況は少しずつ良い方向に向かうでしょう。
お金に関することで占った場合
ソードのクイーンの逆位置がお金に関することで出たら、知性よりも感情が優先されることで金銭的な問題を招く可能性を示唆します。また、誰かに悪いアドバイスを受けたせいで事態が悪化することや、状況を適切にリサーチできていなかったことにより損失が発生することを示唆します。誰かを頼ることよりも、経済新聞や経済に関する本を自分で読み、自分で冷静な判断を下すべきです。

カードを読み解くポイント

ソードのクイーンはソードのキングの女性バージョンに相当しますが、彼女は精神的プロセスにおいて創造的です。わかりやすくいうなら、会計士ではなく小説家のようなタイプです。タロットデッキの絵柄には、ソードのクイーンは王位に座り、立派な王冠と豪華なローブを着て剣を持ちます。アクエリアン・タロットでは、女戦士として剣を振るジャンヌ・ダルクやアテナの姿を描いています。彼女を実際の人で表す場合、知性や自立、成熟した女性を表します。ウェイト版のタロットデッキでは、クイーンは横を向いており、手を差し出した様子を描いています。スプレッド内の他のカードに対して手を差し出しているような絵になるか、背を向ける絵になるかでリーディングの解釈が異なってきます。手を差し出している先にあるスプレッド内のカードは、彼女が到達したものや経験として得たもの、つまり彼女が提供するものを示す場合があります。

このカードが出た場合、あなたが礼儀礼節をわきまえた振る舞いができているかを聞いています。恋愛や仕事、人間関係において悩みが特になく順調であるように思っていても、意識的にその点をチェックすることをおすすめします。

カードの意味を更に深く考察

ソードのクイーンは、悲しみと知性を併せ持つ、スートの陰の一面を表します。彼女は過去に傷つき、辛い経験をしてきました。もし心が弱く真の優しさを持ち合わせていなければ、傷ついた人は誠実さを失い、人への疑いを胸に心を閉ざしてしまうものです。しかし、彼女は違います。経験した悲しみを乗り越えて受容し、向き合う勇気を身につけたのです。そうすることで叡智を見出したのです。

ソードのクイーンは横を向き、そちらの方に手を広げています。彼女の頭は、空の雲よりも高い位置にあり、澄み切った空の位置に脳があります。これは、迷いや不安などモヤモヤしたものもなく、すっきりした頭の中を示しているようです。