注目キーワード

ペンタクルの8(Eight of Pentacles)

このカードは、無心で黙々と自分の仕事に打ち込み、着実にスキルアップしていることを表します。没頭できる何かを見つけた場合もこのカードがでます。

キーワード

正位置 – Upright –
仕事/雇用/トレーニング/正直/頑張る/専念/忍耐/没頭/職人/技量/職人技/職業訓練/見習い/知恵/理由/スキル/上達/継続/物づくり/努力/謙虚/賢さ/誠実さ/学習の速さ/決意/集中力/スキルアップ/職人気質/主従関係/高等技術/こだわり/分別/決定権/勤勉/働き者/完璧主義/修行/長期計画/準備段階
逆位置 – Reversed –
飽きる/繰り返し/惰性/怠惰/未熟/イミテーション/適当/遅延/延滞/無気力/自惚れ/手を抜く/気力低下/野望に欠ける/努力しない/野心/貪欲/虚栄心/技術不足/マイペース/短気/無分別/悪巧み/義務を怠る/才能の悪用/ずるさ/高利貸し/うんざり/厚かましい/注意散漫/紛いもの/大雑把/マンネリ/二番煎じ
英単語
Wisdom. Reason. Skill. Humility. Cleverness. Fulfilling work. Apprenticeship. Craftsmanship. Quickness to learn. Modesty. Work. Sincerity. Determination. Integrity. Focus. Ambition. Greed. Vanity.
人物像
努力家。好きなことに打ち込む人。誠実で真面目な人。集中力がある人。

ケース別キーワード

case正位置逆位置
恋愛持久力勝負/自分の魅力を活かす工夫が必要/マンネリ気味/着実に育んでいける/努力と忍耐が報われそう/マメな人/さりげない気遣いができる/不器用でも誠実で信用できる 孤独を感じる/誠実さが足りない/途中で投げ出してしまう/努力が実らない可能性/マンネリに注意/好きな人は他の誰かに夢中/ストーカーにつきまとわれる/中途半端な態度/不誠実な言動
仕事充実した仕事/仕事にやりがいが生まれる/新しい仕事/評価される/才能を発揮する/技術を習得する/職人としてのプライドを持つ/打ち込める仕事が見つかる/好きなことでお金を稼ぐ/資格を取る/ お金のために仕事をする/良い加減な作業/同じ作業を繰り返す/意欲が低下する/我慢が足りない/誠実な対応ができず人が離れてしまう/スタミナ不足/好きでもない仕事を嫌々する/人のネタを真似する/
その他真面目に取り組む/地に足がついている/自分しかできないこと/メンターとの出会い/地道な努力/才能を磨く/万全の準備をする/手先が器用/自分磨きに余念がない/目標に向かってまっしぐら/こだわり抜く/良い結果が出る/無心で打ち込む/やる気に満ちている/レスポンスがはやい/気遣える関係/ポイントが貯まる/合格ラインに達する/損得を考えない/やりたいことを貫く 能力を出し惜しみする/チャンスを無駄にする/不適切なトレーニング/適切な努力ができていない/チャンスを無駄にする/お金を出し惜しみする/悪い生活習慣/虫のいい関係/用事がある時だけ連絡する/イライラしている/表面的で中身がない/雑念が多い/集中できない/タイミングを逃す/約束を守らない

正位置での意味

ペンタクルの8の正位置は、コツコツ努力をすることや、大きなことを成し遂げるには時間がかかることを表しています。迷いは消えて、自分がやりたいことを見つけることができたのでしょう。好きなことに没頭していつの間にか時間は経ち、気づいた時には成功していたなんてこともあり得る状況です。今、あなたの能力やスキルをアップさせるために最高の環境が整っています。結果ばかりを気にしていては、長い道のりに感じるでしょうが、あなたはその過程も楽しめます。

このカードは、努力することが成功への近道であると告げています。スキルを高いレベルに磨き上げ、自分のやるべきことに全身全霊を注ぎます。あなたは凄まじい集中力を発揮するでしょう。誠実に、真面目に物事に取り組み、着実に前進します。あなたは自分の意思を明確に持ち、こだわりを貫こうとするでしょう。それは自分が打ち込んでいることに自信を持っている証拠でもあります。今まで感じたことがない充実感を得られる可能性もあります。

あなたは、何事に対しても、時間をじっくりかけていく覚悟と忍耐強さを持っています。地道ですが、着実に実力が身についていくでしょう。大急ぎで仕事を片付けると言うよりも、細心の注意を張りながら、高品質のものを創り上げる丁寧な仕事ぶりを表します。急がず、じっくり自分の好きなことに向き合いましょう。

リーディング例

愛に関して占った場合
ペンタクルの8の正位置が愛について出た場合、ふたりの関係がうまくいくことを信じ、惜しみない努力をすることを意味します。あなたとパートナーの関係性は成熟しており、ちょっとやそっとのことでは動じません。お互いを信頼し合い、誠実な態度で向き合っています。このカードは、たまに晩婚を示唆することもあります。人間的に成長してから、地に足の付いた恋愛を示唆することがあるのです。あるいは、華やかさや派手さはなくとも、真面目で信頼できる相手のことを表したり、職人気質なパートナーを示唆することもあります。好きな人を振り向かせるために努力を続けて、人間的な成長を遂げることも意味します。ただし、振り向かせるには長期戦になることを視野に入れておきましょう。
勉強や仕事に関して占った場合
ペンタクルの8の正位置が仕事について出た場合、あなたの技術力が認められ、みんなから尊重されることを意味します。また、これまで磨き続けてきた技術力が報われる時を表します。あなたはなりたい自分を目指して、目の前の仕事に没頭しています。きっと継続的な努力で成功します。このカードは、あなたがさらに新しいスキルを身につけることで、利益を得ることができると告げる場合もあります。やっと自分の好きなことを見つけ、その仕事で食べていける充実感を噛み締めているかもしれません。また、誰かに弟子入りして師弟関係を築くことや、修行に身を投じること、アーティストとして才能が開花する、などの意味もあります。成功の秘訣はこだわりを持つことです。
お金に関することで占った場合
ペンタクルの8の正位置がお金について出た場合、昇給の受け取りや給料の良い仕事につくことを意味します。あるいは、新しい活動や挑戦で利益が出る可能性も示唆します。あなたは、財務目標を達成するために必要なことを着実に行うでしょう。

逆位置での意味

ペンタクルの8の逆位置は、何かを継続して行うことや、同じことの繰り返しに飽きてしまい、途中で投げ出してしまうことを表します。根気強く続ける意欲が足りなかったり、好きなことをしていないから続かないのかもしれません。自分が「これだ!」と思えるものが見つからず、打ち込めない可能性を示唆します。楽をしようとして悪巧みしたり、自分の能力をごまかそうとしても、実力は身に付きません。そうしている内に、なんのために頑張っているのか見失ってしまいます。まずは、なりたい自分を明確にし、そのために何をするべきか、自分が打ち込めるものはなんなのかを見直す必要があるかもしれません。また、取り組んでいることに対してしつこくなりすぎる傾向もあり、あなたのこだわりが的外れである可能性もあります。

あるいは、一生懸命に頑張っているにもかかわらず、前に進んでいないと感じてしまい、挫けそうになっていることを表します。毎日代わり映えのしないことを繰り返し、変わりのきく雑務に飽き飽きしているようです。このカードは、「バーンアウトカード」と言い換えることもでき、燃え尽きてやる気が起こらない状態を示すこともあります。遅延やなんらかの障害、または混乱があなたの成功を妨げる可能性も考えられます。目的を達成するために必要なスキルが不足していることを意味することもあります。

丁寧な仕事に必要とされる時間や労力を惜しんでいないでしょうか。高品質のものを作り上げるためには、ある程度時間もかかるし、それなりの労力も必要です。そのことを覚悟しないまま今の仕事に取り掛かったのが問題かもしれません。目の前の仕事を甘く見ていたことを認めるなど、謙虚な姿勢を取り戻し、前進するために気持ちの切り替えを試みましょう。

リーディング例

愛に関して占った場合
ペンタクルの8の逆位置が愛について出た場合、仕事やお金の問題があなたを疲弊させ、恋愛に割く時間がないことや、恋愛の妨害になっていることを表します。また、今の関係に退屈さを感じたり、不誠実さや情熱が覚めてきたことを感じているのかもしれません。自分磨きを怠っていることがマンネリを引き起こしている可能性もあります。小手先のごまかしはせず、真剣に取り組み、誠実さを取り戻しましょう。また、好きな人には他に没頭する何かがあって、なかなか振り向いてもらえない状況を表すこともあります。ストーカーのように、誤った情熱をあなたに向けられる可能性もあるので注意が必要です。逆に、自分がストーカーのような執念深さを持ってしまう可能性もあります。
勉強や仕事に関して占った場合
ペンタクルの8の逆位置が仕事について出た場合、あなたは自分の能力について非現実的な考えを持っているかもしれません。求めている仕事が見つからないことや昇進しないこと、あるいは尊敬を得られないことに対して失望する可能性を示唆します。それは、あなたの努力が足りないことや、能力が標準以下レベルであることが原因かもしれません。あるいは、努力する観点がずれているため、思うようなスキルアップが見込めないのかもしれません。このカードは、力や能力を出し惜しみすることや、人のアイディアをあたかも自分のもののように振る舞う、不誠実で卑怯な行いに対して警告することもあります。約束を守れないなど、不誠実な態度を改めなければ誰からも相手にされなくなってしまいます。
お金に関することで占った場合
ペンタクルの8の逆位置がお金について出た場合、クレジットの請求金額が積み重なることや、返済できない金額の請求書が届くことを示し可能性があります。あるいは、自分のノウハウで稼ぐには限界があることを表します。あなたは、お金を稼ぐために必要な能力や経験が不足しているようです。お金を稼ぐことが得意な人や、ノウハウをたくさん持っている人に教えを乞うなどして、他の誰かにサポートを依頼する方がいいでしょう。

カードを読み解くポイント

ペンタクルの8はペンタクルの3と同様に、熟練した努力を表しており、ウェイト版を含む多くのタロットデッキでは、職人が熱心に仕事へ取り組む姿勢を描いています。あなたには明確な目標が見えており、それを達成するために一生懸命取り組んでいます。このカードは、自分の作品制作に専念するアーティストや芸術家にとって、とてもいいカードです。

このカードが占いで出た場合、仕事や勉強、ビジネスのシーンにおいて、スキル習得のために着実な努力を積み重ねることの大切さを説いています。今の調子で没頭していれば、思わぬ成功を手に入れることも可能です。自分で限界を作らず、向上心を絶やさず継続しましょう。

カードの意味を更に深く考察

ペンタクルの8は、規律とスキルを身につけるための鍛錬を表しています。何事においても、結果ばかりを気にしていては、到達するまでの道のりがとても長く感じるものです。しかし、技術を磨いていく過程を楽しみ、心から没頭できるものだったらどうでしょう。ただ目の前のことに没頭するだけで無心になることができ、時間はあっという間に過ぎていきます。成功は自分が夢中になった結果としてついてくるものであり、まずは自分が夢中になれるものを見つけることが先決です。

芸術家やアーティストたちは、自分が夢中になれるものを見つけ、日夜時間を忘れて没頭します。ペンタクルの8は、そんな人たちの努力の日々を描いているカードです。もちろん、スポーツ選手や受験生など、夢中になれるものがある人なら誰にでも当てはまるカードです。結果が出たことを表すカードではないため、現時点で成功が約束されているわけではありません。しかし、継続した先には必ずレベルアップした自分がいます。自分の成長過程を表す嬉しいカードです。