注目キーワード

ペンタクルの3(Three of Pentacles)

このカードは、仲間と協力しながら築き上げてきたものがある一定の成果を出すことを表します。自分自身がコツコツ築き上げてきたものが形になるという意味もあります。

キーワード

正位置 – Upright –
達人/達成/偉大/偉業/名誉/名声/有名/名匠/収穫/報酬/評判/完璧/チームワーク/協力/グループ/組織/建設/仕事/作業/高品質/真面目/物質的な基盤/スキル/努力/職人気質/職人技/熟練労働/熟達/成熟/芸術性/尊厳/継承/令名/忍耐/頑固/創造性/自己表現/メンタリング/満足度/恋人/学校/計画/進歩/進化/上達過程/ライフワーク/学習する
逆位置 – Reversed –
凡人/平凡/凡庸/並み/未熟/未完成/普通/ありきたり/低品質/不敬/不満/怠惰/手抜き/退屈/刺激がない/経験不足/技術不足/力不足/技量に欠ける/弱さ/ずるい/追試/停滞/お金の問題/結束力不足/不親切/焦燥感/諦め/無気力/半人前/ずさん
英単語
Work. Material foundation. Effort. Reputation. Perseverance. Great skill in trade or work. Mastery. Perfection. Renown. Obstinacy. Fame. Creativity. Self-expression. Skill. Satisfaction. Rewards. Narrow-mindedness. Weakness. Sloppiness. Mediocrity. Money problems. Commonplace ideas. Preoccupation.
人物像
仲間と一つのことを成し遂げる人。コツコツ努力してきたことが報われる人。

ケース別キーワード

case正位置逆位置
恋愛信頼を得る/発展途上の恋/アプローチが身を結びそう/コミュニケーションの重要性/結論を急がないことが大事/あまりときめきがない恋愛/少しずつ関係が進展する/才能のある人を好きになる/真面目な交際/結婚前提のお付き合い 気持ちが冷める/マンネリに陥っている/希望を見いだせない恋愛/頑張ってもなかなか報われない/恋愛に対して真剣さが足りない/一方的な片思い/意思疎通がうまくいかない
仕事貿易または仕事での優れたスキル/素晴らしいチームワーク/成果が得られる/スキルが身につき始める/仕事で名誉を得る/仲間と協力しながら進める/仕事への正しい評価を受ける/仕事がうまくいく/同じ目的に向けて団結力が強まる/スキル向上への意欲がある/絶好のチャンス到来/昇給や昇進/指導・管理側に回る 組織の問題/計画性がない/組織力が弱い/他者の仕事を批判する/仕事を放り出す/目標や目的に対して情熱が冷める/予想以上に時間がかかりそう/仲間から協力を得られない/焦燥感から手抜きする/チャンスが巡ってこない/見落としがある/業績が低迷する
その他自分の理想の城/収穫の時期/力を磨く/認められた喜び/第一関門クリア/お金を稼ぎ始める/高潔な行い/小さな前進/環境が整ってくる/努力が実りつつある/少しずつ前進/評判がよくなる/ゆっくりした進展/抜擢される/計画的に物事を進める/経験を活かせる/自信がある/何がなんでもやり遂げる思い/できる限りのことをやり尽くす/飛躍のチャンス/一流の仲間入りができる/異なる分野で協力し合える関係/指導がうまい人/苦労が苦にならない/作品が認められる ありふれたアイデア/初心を忘れる/組織に馴染めない/仲間や学校と合わない/子供っぽい振る舞い/お粗末な行い/良心の欠如/協力しない人/的外れな対応/会話の行き違いが生じる/ミスを起こしやすい/機が熟していない/やる気が起こらない/自分の不甲斐なさを実感する/信用されない/芽が出ない/諦めそうになる状況/間違った解釈/あと一歩のところで諦めてしまう

正位置での意味

ペンタクルの3の正位置は、これまでコツコツ継続してきたことや努力してきたことが形になることを表します。特に、複数人で頑張ってきたプロジェクトにおいて良い結果が出てくる暗示です。しかし、ここで言う成功はまだ通過点に過ぎず、今後もっとよくなる可能性を秘めています。さらにスキルを磨くなどテコ入れすることで実力が身になっていくでしょう。専門的な技術力に磨きがかかってステップアップできることや、経験を積むことで自分に自信がついてくることも表します。周囲が認めるほどの成果を上げることができる暗示です。今のあなたが興味を持って取り組むことは、必ず将来形になっていきます。

このカードは、実践的な方法で創造性を表現し、仕事を楽しめることを示します。自分の才能を建設的に発揮することで報酬を得ることができ、周囲から認められる存在となります。あなたの仕事は他の人にも喜びや幸せを与えます。自分の才能を十分に発揮することができ、周囲との協力関係も良好です。そのため、高品質なものを創り上げることができます。みんながあなたの技術に信頼をおいており、これまでの経験や頑張りを正当に評価してくれるでしょう。また、自分の才能やアイディア、製作物を売り込むこと、つまり営業活動が上手くいくことを表す場合があります。

あなたは、今の自分に勢いがあるように感じるかもしれませんが、焦りは禁物です。急がず、これまで通り、地道にコツコツ継続していくことを心がけ、長い目で目標を達成しましょう。

リーディング例

愛に関して占った場合
ペンタクルの3の正位置が愛について出た場合、やるべきことに真摯に取り組むことで、ふたりの関係が良い方向へ向かうことを表します。あなたの努力が実り、大切な人との関係を楽しむことができます。恋愛における満足感や安心感は、あなたの頑張り次第で得ることができる、とこのカードは伝えています。例え時間がかかったとしても、着実に関係性は進展していくでしょう。お互いの気持ちや環境が整い、少しずつでも確実に前へ進めます。結論を急がず、お互いの気持ちを確かめ合いながら信頼関係を築いていきましょう。このカードは、相手の才能に惚れることや、真面目なところが魅力的な人を示唆することもあります。地道にコツコツと戦略を練ってきた恋愛に光が差し込んできたことを表す場合もあります。結婚前提の真剣なお付き合いの場合にもこのカードが出ます。
勉強や仕事に関して占った場合
ペンタクルの3の正位置が仕事について出た場合、自分の能力を最大限に活用し、成功を収めることを意味します。あなたが創り上げたものは最高のクオリティであり、周囲から正当な評価を得ることができます。それが自分の自信につながり、さらにモチベーションが高まります。ここで成し得た成功は、今後永続的に続くあなたの基盤になるでしょう。このカードは、プロジェクトや仕事において、満足のいく「完了」を表します。もっとスキルを上げたいと向上心を持つことや、意欲に溢れている様子を示すこともあります。目標達成までに時間がかかるにしても努力を怠らず、着実な前進が見られることを暗示します。新しく資格を取得することを示す場合もあります。
しっかりとした基板や土台を築き上げるためには、それなりの時間がかかるものです。そのこと頭に入れた上で、焦らず継続していくことが大事です。絶好のチャンスが舞い込んでくることや、思いがけない大抜擢を受ける可能性もあります。
お金に関することで占った場合
ペンタクルの3の正位置がお金について出た場合、あなたの仕事から順当な利益が得られることを表します。あなたの努力が実を結ぶとき、それを「収穫のカード」と言い換えることができます。過去に撒いた種が成長して、収穫の時期を迎えたのです。このカードは、財政的な努力が実を結ぶことや、繁栄し始めていることを表します。

逆位置での意味

ペンタクルの3の逆位置は、一定の成果を出すためにはもう少し時間がかかることを表します。あなたが目標とするレベルに達するには、まだ経験や技術が不足しているようです。自分が思っていたよりも、成果を出すまでに時間がかかり過ぎていて、焦りを感じているかもしれません。このままでは、近道をしようとしたり、手抜きに走る危険性があります。万が一、それでなんとか目標を達成できたとしても、納得のいくクオリティのものは出来上がりません。せっかくこれまで努力してきたことも、少しの手抜きや見落としが仇となり、残念な結果になりかねません。自分の未熟さや愚かさを受け入れて、誠実に取り組むように仕切り直しが必要です。

また、このカードは、自分の能力を最大限に活かし切れていない可能性も示唆します。おそらく、自分に自信が持てるほどの経験や技術が足りないと感じているのかもしれません。あるいは、まだ才能を活かす方法を模索している段階かもしれません。また、あなたの良さを発揮するためには、新たなスキルを身につける必要があるかもしれません。
このカードは、急速に変化する市場で競争するために、新しいスキルの開発を推奨している場合があります。成功の芽が出ていないことで、挫けそうになっているかもしれませんが、自分の才能を見限るにはまだ早すぎます。目先の利益に走ったり、成功を諦めて妥協するのは時期尚早です。諦めない粘り強さを持つことが大事な時です。

このカードは、子供のように我慢強さに欠けていることや、怠惰な態度、未熟さを感じさせる幼稚な振る舞いに対して警告しています。自分の目標を果たすためにやるべきことをサボっていたり、あなたの役割を果たしていない可能性を示唆します。平凡なレベルで満足せず、もっと高みを目指してそれに応じた努力を積み重ねる覚悟を決めましょう。

リーディング例

愛に関して占った場合
ペンタクルの3の逆位置が愛について出た場合、あなたがパートナーに感謝されていないことを表している場合があります。自分なりに関係が良くなるよう頑張ってきましたが、あなたの努力が報われていないか、あなたのパートナーはそれが当たり前だと思っている可能性があります。マンネリした関係が感謝する気持ちを鈍感にさせているのかもしれません。今はあなたの頑張りが目に見えないかもしれませんが、もう少し粘り強く継続することで相手に気持ちが伝わるはずです。あるいは、恋愛に対する真剣さが足りないことや、そもそも情熱が冷めてしまっていることを示唆することもあります。お互いの意思疎通がうまくいかず、すれ違いばかりで恋愛がなかなか進展しない、一方的な片想いを表すこともあります。
勉強や仕事に関して占った場合
ペンタクルの3の逆位置が仕事について出た場合、あなたの努力に見合うだけの評価や報酬を得られない可能性があります。計画がうまくいかなかったり、遅れが生じたり、同僚やクライアントの問題があなたの成功を妨げるかもしれません。あるいは、自分が掲げた目標や目的に対して情熱がなくなってしまったり、自信のなさから失敗を恐れてなかなか前に進めないことを示唆することもあります。ある一定の評価や成功を得るまでに、予想以上に時間がかかっているのではないでしょうか。焦燥感にかられて手抜きしようと考えたり、諦めたい気持ちが襲ってくる可能性があります。今は、地道な努力を続けることだけが成功への近道です。粘り強く続けていくために、モチベーションをコントロールしましょう。
お金に関することで占った場合
ペンタクルの3の逆位置がお金について出た場合、自分のやりたいことに費やすお金が調達できないことや、コストの超過があなたを悩ますことを意味します。自分がやりたいことをするために必要な収入が得られないことや、計画が思うように進まないと感じているかもしれません。あるいは、給与の削減を言い渡される可能性もあります。

カードを読み解くポイント

職人のカードであるペンタクルの3は、仕事で熟練した職人を描いていることがよくあります。一部のタロットデッキでは、ヨーロッパの大聖堂を建設し、フリーメーソンに発展した大工や石工を連想させる大聖堂を建てています。「3」という数字は自己表現や創造的な開発、および収穫の獲得を意味します。基本的には肯定的なカードであり、満足の時を示しています。

このカードが占いで出た場合、一つずつ、着実な努力を積み重ねていくことを大切にしましょうと伝えています。そうすることで確実にステップアップしていけます。近道することや、階段を二段飛ばしにするようなことを考えてはいけません。仕事や勉強だけではなく恋愛においても同じような考えが必要です。焦りは禁物、短気は損気です。

カードの意味を更に深く考察

このカードには、ウェイト版のタロットデッキにおいて、彫刻の熟練者と思われる左側の人物と、その進捗を管理・指導する二人(修道士と設計者)の人物の計3人が描かれています。このカードはペンタクルの8と関連しており、熟練した技術を持って熱心に打ち込むことで目標が達成できることを示唆しています。

技術力(熟練者)が空気を表し、霊的な理解(修道士)が水、エネルギーと欲望(設計士)は火に見立て、この3つが結びつくことを意味したカードです。3つのペンタクルが合わさった上向の三角形を表す彫刻は、3人の仕事が高次元のレベルであることを意味しています。その彫刻の下にある花柄の下向きの三角形の彫刻は、現実世界や社会性を象徴しており、高次元な仕事が現実的な世界に必要とされるものに結びついたことを示唆します。