注目キーワード

恋人たち(The Lovers)

情熱を感じ、本能的な選択をすることで道が拓ける

このカードには、惹かれ合う男女と二人をつなぐ愛のキューピット的な天使が描かれています。フィーリングや本能に従うことであなたにとって最善の選択ができることを象徴しています。頭で考えるよりも感じること、好奇心のおもむくままに進みましょう。

キーワード

正位置 – Upright –
選択/恋愛/コミュニケーション/パートナーシップ/若々しさ/重要な決断/岐路/献身/調和/関係性/友情/相互関係/魅力/愛/約束/真の愛/ロマンス/受精/性的結合/ひらめき/恋人同士/SEX/ハーモニー/情熱/ワクワク/ときめき
逆位置 – Reversed –
優柔不断/多情/別居/迷い/曖昧/浮気/軽率/離別/未熟/誤った決断/衝動/責任の欠如/誘惑/不貞/背徳行為/失恋/娯楽/不安定/ライバル出現/疑念/不信感/マンネリ/倦怠期/邪魔が入る/散漫
英単語
Partnership. Union. Love. Choices. Blend of opposites. Tantra. Understanding of the cosmic dance. Harmony. Discernment. Cooperation. Decision. Beauty. Alliance. Treaties. Trust. Deep feeling. Optimism. Conflict between sacred and profane. Temptation. Doubts. Separation. A test or trial.
人物像
美しく多趣味で人に愛される。恋人たち。

ケース別キーワード

case正位置逆位置
恋愛交際が始まる/胸が高鳴る/両思いになる/相思相愛の関係/結ばれる間柄/相手の見た目に惹かれる/恋愛や異性に対する憧れ/コミュニケーションがスムーズに行く相手/楽しい恋愛ができる/純愛 衝動的な恋愛感情を/抱く/性的な欲求で相手に惹かれて飽きるもの早い/振られる/浮気性/交際が長続きしない/三角関係/愛情関係の破綻/邪魔者が現れる/相手を信じられない/目移りする/ライバルや邪魔者が入る/噂に振り回される
仕事流行や情報を扱う仕事で成功する/フランチャイズ契約を結ぶ/相手との協力関係が良好/若者をターゲットにしたビジネス/2つの仕事をこなす/提携を結ぶ/得意な作業ができる/転職や方向転換に吉/共同作業がうまくいく/得意分野で活躍する 仕事に対する情熱がなくなる/飽きっぽくなって天職を繰り返す/判断ミスによる失敗/コミュニケーションがうまくとれない/軽率な言動で信頼を失う/連絡ミスによる失敗/連帯責任で巻き込まれる/チームメイトに恵まれない/転職の選択ミスで後悔
その他好きなことが見つかる/楽しみながら物事に取り組む/フィーリング重視で行動すると良い/好奇心を大事にするとき/誰かの保護下で快適な暮らしをする/コミュニケーションを積極的に取る/共同作業によって得られる幸せ/好きこそものの上手なれ/人生をともに生きる/隠し事がない関係/魅力アップ/無垢で純粋な気持ち 選択を謝る/情報に翻弄されて決められない/無知や経験不足による失敗/浅はかな解釈による失敗/優柔不断になる/決め手にかける/禁断の果実を食べる/マンネリによる倦怠感/気持ちが散漫になる

正位置での意味

恋人たちの正位置のカードは、ひらめきを大事にした選択によって、物事がうまく進んでいくことを暗示しています。今あなたは重大な選択を迫られており、大きな責任が生じることも認識しているのではないでしょうか。今あなたが感じている、純粋な気持ちから道を選択することができれば、充実と幸福感に満ちた道をたどることができるでしょう。

恋人たちのカードは、何かを決める時に様々な誘惑があることも示唆していますが、その誘惑に惑わされないことが鍵です。また、趣味や娯楽の幅が広がり、今まで以上にプライベートが充実して人生を謳歌できるでしょう。ただし、将来が約束されたわけではなく、未来がどうなるかはまだ誰にもわかりません。今はただ、純粋な好奇心を大切に決断・選択することで人生における重要な経験をしようとしています。

恋人たちの正位置のカードは、今までにないほど、情熱的になにかに打ち込めることも意味します。それが恋愛なのか仕事なのか趣味なのか…いずれにせよ、このカードが出た時は自分の気持ちを見失わないように焦らずに進めていくことが大事です。

このカードは「2つの調和」や「2つのものがが1つに統合すること」を意味することから、今まで険悪だった相手ともうまくコミュニケーションがとれるようになる可能性も示唆しています。これまで好きな仕事とやりたい仕事が違い、矛盾を感じながら取り組んできたことも、悩んでいたのが嘘だったかのように、そのわだかまりを取り除ける”気づき”があるかもしれません。今このタイミングで感じるひらめきとトキメキをヒントに、行動してみましょう。

また、人生の方向性に大きな影響を及ぼす重大な決断が迫っていることも暗示します。主に、結婚や子どもを持つかなどの決断の時に現れやすい傾向があります。その決断によって、長期的に良い結果をもたらすことができるかよく考えて選択するようにしましょう。

リーディング例

愛に関して占った場合
恋人たちの正位置のカードは、一目惚れやときめく恋など、ロマンチックな関係の前兆を表します。それは相互の思いやりと魅力を示しており、お互いに最高の結果をもたらし合える、運命的で理想的なパートナーシップとなるでしょう。すぐに意気投合して仲良くなれそうです。また、相性が抜群な相手と巡り会える可能性も表します。運命の相手と出会い、お互い夢中になれるかもしれません。このカードは、恋愛や愛に関して重大な決断をするという意味があります。
勉強や仕事に関して占った場合
恋人たちの正位置のカードは、これから先長い付き合いになるであろうパートナーや、信頼できる相手と仕事ができることを暗示します。そして、協力・満足・調和の時間を表します。プロジェクトを企画するなら、誰かと共同で進めることが成功の秘訣です。また、2つの部署や2つの異なる組織同士で同じ目標に向かって団結できることも暗示します。加えて、自分の得意な分野で活躍できる可能性もあります。仕事を通じてパートナーに出会うことや、ビジネスでロマンチックなパートナーと仕事をすることも意味します。
お金に関することで占った場合
恋人たちの正位置のカードは、自分の趣味やセンスが功を奏して、経済的に豊かになれることを表します。自分の”好き”を追求して没頭すれば、さらなるステップアップができそうです。また、資産や資源を他の人と組み合わせることで、利益が得られることも意味しています。恋人たちおnカードは、パートナーのお金から利益を得たり、富と結婚することを象徴することがあります。金銭的に支援してくれる人を探しているなら、その相手と巡り会うことができるでしょう。投資関係でも良い選択、良い判断ができることを意味します。

逆位置での意味

恋人たちの逆位置のカードは、疑心暗鬼が原因で誤った決断をしてしまうことへの警告を意味します。気持ちが不安定になってマイナス思考になっているようです。自信のなさから偏った見方をしてしまっていると、正しい判断ができずミスに繋がります。客観的に見る意識を持ちましょう。今は気の緩みによる軽率な判断ではなく、心を落ち着けて慎重な選択をすることが求められています。

今のあなたは隙だらけで、そんなあなたを利用しようとずる賢い人が近づいてきているかもしれません。あなたを不安にさせて誘惑し、付け入ろうとしているかもしれません。そんな人達の言葉に惑わされないように注意が必要です。人間関係において、その場しのぎの適当な対応は後々のトラブルに繋がりかねませんので、慎重な対応を心がけましょう。

恋人たちの逆位置のカードは、破綻した愛、偽りの結婚生活における破綻なども意味します。人生を左右するほどの恋愛に関するトラブルや性的な問題を抱えているかもしれません。もしくは、愛に対してうっとおしさを感じていたり、自分には必要ないなどと愛の素晴らしさを理解できていない場合にも、その問題を警告する意味でこのカードが現れます。愛の未熟さや、結婚して落ち着くべきときなのに恋をしたい衝動にかられるなど、思春期から抜け出せない子どもっぽさを示しています。

また、慎重に考慮して決めるべきことに対して、決断を急いでいる状況も暗示していることがあります。新たな関心ごとに心を奪われて重要度が高いことをそっちのけにしていないか、思考回路が正しく機能しているか、一度冷静になるべきです。重要な決断をする前に、準備を怠らないことが大切です。

リーディング例

愛に関して占った場合
恋人たちの逆位置のカードは、心変わりしたり、目移りして浮気に走ってしまう可能性があることを暗示します。また、相手を信じられずギクシャクした関係に陥る可能性も示唆します。あなたと恋人が環境の変化や、責任問題によって距離を置かざるを得ないことを示す場合もあります。また、愛のない関係、非協力的、喧嘩を表すこともあります。お互いに愛情が冷めないよう、感謝の気持ちや思いやりの心を大切にする必要があります。ライバルの出現や噂に振り回されてしまうことも暗示します。
勉強や仕事に関して占った場合
恋人たちの逆位置のカードは、仕事でのコミュニケーション不足によって物事がうまく進まなくなることを表すことがあります。連絡ミスからの失敗や、自分に不向きな分野で行き詰まって思い悩むことも考えられます。同僚やチームメイトに恵まれず、仕事を楽しめないことも示唆します。また、仕事上での意見の相違、協力の欠如、または議論がまとまらないなど、職場で問題を引き起こす可能性があります。連帯責任によって被害を受ける可能性もありますが、そこは耐えて、協力的な姿勢を見せることが大事です。
お金に関することで占った場合
恋人たちの逆位置のカードは、共同出資や共同経営の話が持ち上がることがあっても、慎重に見極める必要があることを暗示します。フィーリングが合うと思っていた相手でも、徐々に価値観にずれがあることが判明するなど、後悔することになりかねません。また、サポーターが支援を撤回したり、共同で進めていた事業が失敗することを表す場合もあります。金銭的に重大な局面に立たされており、苦渋の決断を迫られ悩んでいる可能性もあります。もしくは、間違った選択をして後悔しているかもしれません。誘惑に負けて選択を誤る可能性もあるので、浮ついた気持ちは封じ込めましょう。

カードを読み解くポイント

恋人たちのカードは、人生の中での愛の重要性や、結婚、長期的な人間関係を示しています。ある特定の人との人間関係がこれからも価値のあるものとして続いていき、新たな価値観への導きになることを暗示しています。

人間関係を占った時に恋人たちのカードが出たら、その人とは良くも悪くも縁がある人だということを伝えています。たくさんいる人の中で出会えたこと自体が奇跡です。その縁を大事にしましょう。

なお、恋人のカードは、カードの種類によって絵柄に差があるため、使うカードで意味が多少違ってくることもあります。ウェイト版やヴィスコンティ版のように一組の男女が描かれているものであれば、恋愛に関する状況を意味することが多いです。どうしようもないほど魅力的な何かとの出会いや、その出会いによって自分が変化していくことを意味するでしょう。

一方、マルセイユ版のようにふたりの女性と一人の男性が描かれている場合、「選択」や「決断」を強く意味するでしょう。”どちらも選択する”ということはできず、”どちらかを捨て、どちらかを選ぶ”という状況を示唆します。

カードの意味を更に深く考察

恋人たちのカードは、マルセイユ版とウェイト版とで絵柄が多少違います。マルセイユ版では、エデンの園をイメージできる風景の中に、天使に支配された男性一人がふたりの女性の間に立っています。片方の女性は明るく、もう片方の女性は暗く描かれています。例えば、マルセイユ版のカードの絵柄のストーリーを、暗い女性の方は”どこか謎めいていて魅力的だが、危険な香りがプンプンする女性”だと過程します。それに対して、明るい女性の方は”妻”だと仮定してみましょう。暗い女性のために、愛しているけど退屈な妻を手放すか…ふたりの女性の間で揺れ動く男性を描いているとすれば、人間の葛藤をイメージしやすいですね。現実的な面と内面に隠されている欲望にどう向き合い、どう折り合いをつけて後悔しない選択をしていくか?を問いかけてきているように思える絵柄です。広い意味では、”陰と陽のどちらをとるか”という究極の選択です。

さらに、カードの前後関係からマルセイユ版のカードの絵柄を紐解いていくと、このカードは、両親から自立するための重要な選択とも解釈することができます。私たちは性的なことに関心を示すようになるまでは、親からの期待に応えることで満足できます。しかし、異性への関心を抱くようになると、親から干渉されることを拒むようになり、「早く一人前になりたい、大人になりたい」と強く思うようになるのです。親との決別、自立するための選択を意味するならば、”思春期”を示すカードと言えるのです。

一方、ウェイト版の恋人たちのカードは、マルセイユ版の絵柄から紐解いてきたものに加えて、”人生において人間の幸せは人との交わりの中で生じる”ということをメッセージに込めています。それは、性的欲望は、自分以外の誰かと生きていくための重要な役割を果たしてくれるからです。人との関係性を通じて愛を知り、人生で選択を繰り返すことで自分にとって何が大事なことなのかを気づかせてくれます。愛に満たされた生活の中で、”孤独に追いやろうとしていた自我”を手放すことができます。

話は変わって、「創世記」に関するキリスト教の解釈では、イブはアダムよりも罪が重いとされています。それは、”イブが最初に禁断の実を食べたから”というだけでなく、”イブがアダムを誘惑しアダムを堕落させた”とみなされているからです。一般的に男性は理性的で女性は感情的な生き物だとされています。女性が誘惑することで男女の恋愛はスタートするというのが基本スタンスなのも一理あるでしょう。たとえ男性が理性の下にあるとしても、そこに情熱があるならば、合理性の限界を超えていけます。2つの対極が一つに融合できるとすれば”情熱”が必要不可欠な要素ということでしょう。ただし、理性をなくしてしまっては”情熱”はただの”欲望”になってしまうので、理性と情熱はセットで考える必要があります。

ウェイト版の絵柄から読み解く

恋人たちのカードの絵柄には、大地の上にふたりの男女が並んでいて、ふたりの間には恋を司る神「クピド」がふたりの出会いを祝福し、見守っています。「クピド」の翼の色”赤”は情熱を表し、衣服の色”紫”は男女の融合色(赤+青=紫)を象徴しているかのようです。「クピド」の後ろには大きな太陽がサンサンと光を照らしています。この光はふたりを祝福しており、ふたりの出会いは必然であり、決して偶然ではないということを伝えています。

男性は女性の方を見つめ、愛する気持ちを訴えかけていますが、それに対して女性の方は、クピド(神)を見上げて「この人を信じても大丈夫かしら?」と問いかけているようにも見えます。

しかしながら、ふたりが裸でいるのは、まだ禁断の実を口にしていないことの証明です。この時はまだ、知性を得る前であり打算的なものは存在しておらず「純粋な愛と好奇心」を象徴していると考えられます。

女性のそばには禁断の実とへびが控えています。このあと、ふたりが一つになり、楽園を追放されることで新しい世界が開かれ、様々な経験を通して成長していきます。しかし、現時点でふたりはどんな困難が待ち構えているのかは知る由もありません。今はただ、目の前の異性に対する好奇心と情熱だけを手がかりに、重大な選択をしようとしているのです。