注目キーワード

皇帝(The Emperor)

このカードには、社会的地位と名声を手に入れた男性の姿を描いています。高い位置で堂々と腰掛けている姿は、強い権力を象徴するのと同時に大きな責任をおっていることを連想させます。男性的パワーの象徴であり、リーダーシップやカリスマ性を象徴します。

キーワード

正位置 – Upright –
信頼/責任/威厳/権力/リーダー/合理性/カリスマ/不屈の精神/父親/父性/経営者/独立心/闘争心/勇気/支配/勇ましい/指導者/勢力/社会性/現実主義者/地位/自信/力強い/男性的パワー/安定性/立ち向かう
逆位置 – Reversed –
無責任/横暴/未熟/強引/目立ちたがり屋/生意気/暴力/短期/ワンマン/権威的/威圧的/虚勢/老化/頑固/権力争い/虚栄心/権力の乱用/優柔不断/無秩序/衝突/男性の不妊/独裁的
英単語
Leadership. Shaping the material world. Masculine power. Rulership. Will. Severity. Stability. Governmental structure. Worldly power and its danger. Force. Confidence. Mature men. Discipline. Strength of character. Wealth. Material success. Authority. War-making tendencies. Father. Husband. Patriarchal figure. Pettiness. Abuse of power. Corruption. Imperialism.
人物像
成功を手に入れ、さらなる飛躍を目論む熱血漢。父親。経営者。リーダー。

ケース別キーワード

case正位置逆位置
恋愛地位のある男性に惹かれる/男性は力を持つことで女性の心を掴む/相手を手に入れたい強い欲求/父親に影響を受ける/強固な信頼関係/年上で頼りになる男性/精力の強い男性/絆の強さ/押しの一手/情熱的で単発的/障害を乗り越える 頑固で支配欲が強いパートナー/強引な男性/男性が歳上すぎる年の差恋愛/性的能力の衰退/出世のための結婚/恋愛感情が萎える/精力の減退/やせ我慢による後悔/受け身で消極的/退屈で息が詰まる関係/理不尽で傲慢な相手
仕事今までの成果が評価される/高い地位に就く/出世する/大きな権威や権力を握る/カリスマ的な人/個人事業主/独立して成功/社長/右肩上がりの業績/管理職やCEO/実力派の上司に恵まれる/スキルアップに成功 ワンマン経営の社長/パワハラ/権力の衰退/見た目を気にして中身が空っぽ/権力争いに敗れる/権力にしがみつく/リーダーシップを発揮できない/権力を乱用する/責任が重すぎる/成績や業績の低迷/理不尽な要求をしてくる上司
その他ルールを守る/信頼できる/野心を抱く/現実を見据えた行動/ロジカルな思考/リーダーシップを発揮する/安全が守られる/影響力のある人/物事を成し遂げる才能がある/揺るぎない基盤を築く/自力で勝利を勝ち取る/チャンスや幸運の到来を掴む/目標や欲しい物を自分手で掴み取る/困難にも臆することなく突き進む 柔軟性の欠如/自信を失う/負うべき責任を全うできない/責任転嫁する/秩序を乱す行動/物事を成し遂げられない/構造の欠如/頼りにならない男性/感情的になって同性と衝突する/権力にしがみつく/頑固で融通がきかない/中途半端な結末を迎える/不完全燃焼/短気になって相手を傷つける/自分の希望を押し付ける/実力が伴わない挑戦

正位置での意味

皇帝の正位置のカードは、しっかりと計画を立てた上で積極的に行動する時だと伝えています。今は守りに入るよりも強気な姿勢を貫くべきです。完全なる勝利を手に入れるために、不測の事態にも対処できるよう、事前にいくつもの戦略パターンを用意することが大事です。今のあなたは頭が冴えているので適切な判断ができます。

かといって、一人で抱え込みすぎても大きなプロジェクトは成し遂げられません。必ず、信頼できる部下や仲間に相談したりして、アドバイスに耳を傾けるようにしましょう。周囲を味方にできれば鬼に金棒です。

皇帝の正位置のカードは、社会的成功や事業拡大など、自分のやりたいことを具現化するための力や、協力を得られることを示唆しています。目的意識をしっかり持って前進しましょう。

また、このカードが出た時は、皇帝のような人物が自分に強い影響を与えることを意味することもあります。厳格な父親の存在であったり、頼りになる年上(年が離れた)のパートナーや恋人を意味することもあります。その人物の支配下において、安定した生活を送れることを暗示します。

皇帝の正位置が個人レベルでの性質を表す場合は、自分の領域・環境を守る能力の向上、しっかりとした基盤が整う、などの意味が強まります。問題解決に対しては論理的アプローチでうまくいくことを示唆しています。

皇帝のカードは、自分自信で築いた地位や勝ち取った成功を守り、維持することも示唆します。力を持つことで安定させることを意味します。強い影響力をもたらす人物や出来事に出くわす可能性もあります。

リーディング例

愛に関して占った場合
皇帝の正位置のカードは、積極的な姿勢でアプローチすると良いことを伝えています。そして、成熟し、互いに信頼しあった関係を象徴しています。愛を信じることで障害も乗り越えていけるでしょう。ただ、最初は情熱的でも、付き合ってしまえばさっぱりしてしまう傾向があります。釣った魚に餌をやらないタイプかもしれません。皇帝を相手に重ねる場合、その人は社会的地位を確立していて経済的にも頼りになる人でしょう。
勉強や仕事に関して占った場合
皇帝の正位置のカードは、守ることより攻めの姿勢に勝機があることを表します。業績や成績も右肩上がりで躍進できる暗示です。また、あなたがビジネスにおいて責任能力を発揮していることも表します。あなたは有能で自信のあるリーダーであり、他の人はあなたを尊敬しています。あなたは、物質世界で永続的な価値と重要性を生み出すことに尽力するでしょう。このカードは、他の人のルールに従うのではなく、あなたが権力者になり、あなたがルールを生み出すことで世の中が安定することを表す場合もあります。
お金に関することで占った場合
皇帝の正位置のカードは、経済的に安定した状態を保てる暗示です。それは、あなたが徹底的に調査した上で資産を運用しているからです。高値でも質がいいなら投資する価値があります。強気な姿勢をつらぬくことが、経済的成功を収める鍵になります。このカードは、あなたが十分なくらい、経済的に成功するためのリソースと知識を持っていることを表します。あなたはお金を稼ぎ、管理することが得意な人でしょう。金融分野で働くこともできます。皇帝は、ビジネスや法的問題で成功を表すカードです。

逆位置での意味

皇帝の逆位置のカードは、自分の考えや行動しようとしていることは正しいか、一度検討し直す必要があると伝えています。また、もしあやふやな状態で物事を進めようとしているなら方向性を定めて、問題に対してしっかりと向き合うことが大事だと告げています。自分のプライドが邪魔をして冷静で公正な判断ができなくなっているかもしれません。主観を捨てて、客観的な判断をする必要があります。自分の経験則も大事ですが、今はリーダーシップを発揮するよりもチームワークで物事を乗り切ることの方が得策かもしれません。

優秀な人にありがちなこととして、全てを自分で背負い込みすぎることがあります。チームの力を信じて周囲を頼れる懐の広さもリーダーとして必要な素質です。なんでも自分一人で解決しようとしないでください。

また、権力にしがみついて後任に道を譲れない状態を示唆していることもあります。その状態のままだと後継者が育たず、組織全体が衰退してしまいます。自我の欲求(現役でいたい)を満たすことよりも、組織としてどの選択が最善かを見極め、勇気を出して行動しましょう。

なお、逆位置になると、本来の皇帝の性質を補足する必要がでてきます。具体的には「未熟さ」を意味したり、「厳しくするべきなのに厳しくなれない」などの意味を表します。最後まで物事をやり通せないということを表すこともあります。

周囲に与える自分の影響力が災いに転じないように、置かれた立場を再認識することが重要になってくるでしょう。冷静に考えた上で実利を優先し、利益を守りましょう。

リーディング例

愛に関して占った場合
皇帝の逆位置は、理不尽で傲慢な態度をとっていることに対する警告を表します。自分もそうですが、相手のそういった態度は見過ごさないようにしないと、今後の関係に悪影響を及ぼします。お互いが改善するための努力に取り組む必要がありそうです。また、冷たさ、批判、または過度に支配的な様子を示唆することもあります。 恋人との関係において、相手を支配しようとしている可能性があります。また、未熟、献身の欠如、不妊を示すこともあります。
勉強や仕事に関して占った場合
皇帝の逆位置は、あなたが望んでいないのに責任を負う立場に立たされ、プレッシャーを感じたり、対処する能力がないと感じることを示唆します。会社の事業縮小化によって、仕事を失ったり、目標を達成するために必要なエネルギーが足りないと感じているかもしれません。このカードは、より多くの経験、活力、またはスキルの必要性を示すことがあります。 他の人を喜ばせようとしている場合、または自分に与えられた役割を全うする場合、自分で主導権を握ることの重要性を暗示します。
お金に関することで占った場合
皇帝の逆位置は、お金をうまく稼ぐことや、お金を管理するための能力が低いことを表す場合があります。または、自信がないために、せっかくのチャンスを棒に振り、経済的に前進できないことを示唆することもあります。このカードは、敵に立ち向かい、自分のものを守る必要があることを暗示しています。今は特に、慎重な判断と緻密な計算による裏付けが必要となります。無責任な行動による損失を表すこともあります。

カードを読み解くポイント

皇帝のカードは、男性的な力の象徴です。現実的なことにおいてリーダーシップを発揮し、実践的な計画を立て、具体的な行動をすることが求められています。目の前の問題や課題に対してよりよくするための解決に力を注ぐときです。現場を仕切り、人を思いのままに動かし現実を支配する能力が備わっています。

現実的な物事を推し進めていく上で、情に流されることは言語道断、甘えも禁物です。私情に流されずに、中立な立場でその場を支配しましょう。社会においてどういった振る舞い、行動が適切なのかを見極めることが求められます。

また、父親や父親代わりとなる人物との関係を示唆することもあります。相手と自分のどちらかが主導権を握って進めていくのかが争点となりそうです。その他にも、威圧的な態度を取る、弱者を虐げるといった意味も暗示するので、人間関係におけるトラブルや争いごとに発展しないよう、注意が必要です。

カードの意味を更に深く考察

皇帝は父親を象徴するカードであり、3.女帝は母親を象徴します。3番のカードと4番のカードはセットとして考えた時に、”両親”として捉えることができます。母親である3.女帝は愛や慈悲を持ち、最も身近な存在として子どもたちに生きていくための活力を与える存在です。それに対して父親である皇帝は、子どもたちにとって遠くに感じる存在として厳格であり続けます。権威を担っていたために、裁きを与える役割も持っています。社会のルールを教え、そのルールを守ることを第一として教育をします。そんな皇帝は、子どもたちにとっては社会そのものです。子どもは親が完璧な存在だと信じて育ちますが、大人になるにつれて、”親が完璧な存在ではない”と知ることでショックを受けるのと同時に、自分の足で人生を歩もうとします。

幼児は常に、母親へ精神的安らぎや肉体的心地よさを求めます。母親への欲求を邪魔するものとして、幼児は父親に敵意を示しますが、父親を排除することなど叶うはずもなく、この幼児の欲求は満たされないし認められません。このジレンマをなくすために、幼児は父親のことを”自分と同一化しよう”という自我が芽生えます。その自我は、父親から教育を受け、社会のルールを学ぶことで解消されていくのです。

皇帝と3.女帝は夫婦であり、両親の意味を持ちますが、3.女帝が自然界全体(グレート・マザー)であるなら、皇帝は社会そのものです。そういう意味で皇帝は、”自然界と結婚した社会”という解釈ができます。皇帝は良くも悪くも、人々を強制する力を象徴しています。

皇帝は、世俗の政治的な権力と結びついています。権力というと「支配」や「弱肉強食」などのキーワードが連想され、あまりいい印象を受けないのですが、混沌とした自然界から秩序を生み出し、人々の生活を安全なものにしました。

皇帝は社会をルール化し、公正で安全な環境を整え、その社会で人々が安心して欲求を満たしながら成長できる機会を与えてくれます。自然界は混沌としており、いつ天災や災害に見舞われるかわからず不安定です。もし社会が整っていなかったら、私達は人生のほとんどの時間を生存競争に費やすことになります。みんなが誰かのために力を併せて働ける社会は、なくてはならないものなのです。

ウェイト版の絵柄から読み解く

皇帝は、古代エジプトで使用された”生命”を意味するアンク(エジプト十字)を手に持っています。これは、法のもとで生と死を定める力を持っていて、皇帝はそれを正しく行使することを意味しています。金星のマークにも似ていることから、強くいられるのは愛あってこそなのかもしれません。

皇帝が座っている椅子には4つの雄羊のモチーフがあり、牡羊座を象徴しています。よく見ると、王冠の先端にも牡羊座のサインがついています。西洋で牡羊座は力、攻撃、闘争を象徴します。戦いはルールの上で成り立つことから、公正な社会に則ることが大前提であることを示唆しているのでしょう。

皇帝の背景に広がっている景色を見てみると崖が並んでいますが、これは、戦いに挑む覚悟の現れです。皇帝の部下たちはもう戦場へ行ってしまったのか、一人高みの見物で部下の結果を待っています。孤独ながらも、部下の勝利を信じられる強い精神力が伝わってきます。

皇帝が羽織っている牡羊のマークが入った赤いマントは、強気な姿勢を表しています。マントの下には鎧を着ており、いつどこから攻め込まれても戦闘できる状態です。皇帝の腕と足は十字架の上に二等辺三角形を形成しており、錬金術における火の記号を示しています。