注目キーワード

女帝(The Empress)

このカードには、豊満で官能的な女性が描かれており、富や繁栄を表しています。母なる大地を思わせる彼女は、誰かを愛することの喜び、愛されることの幸せを知ったのです。彼女の存在は、愛こそ生命の源であることを証明しています。

キーワード

正位置 – Upright –
豊かさ/母性/繁栄/美的表現/生命力/妊娠と出産/女性性/生産性/豊穣/結婚/美人/ゴージャス/満足/妻/エロス/快楽/リラックス/安定/努力が実る/受胎能力/性的快楽/環境保護/結実/官能
逆位置 – Reversed –
わがまま/浪費/依存/嫉妬/大食漢/欲張り/過剰/怠惰/独占欲/独断/贅沢/執着/自己主張が強い/お節介/強引/子育て不履行/天然資源を浪費/流産/更年期/
英単語
Feminine wisdom. Mature women. Feminine power. Fruitfulness. Sensuality. Creativity. Beauty. Culture. Abundance. Accomplishment. Mother. Wife. Fertility. Feminine influence. Ability to motivate others. Practicality. Boredom. Lethargy. Temptation through earthly things. Gluttony.
人物像
美と自然と平和を愛し豊かさを手に入れた女神。母親。妊婦。妻。

ケース別キーワード

case正位置逆位置
恋愛相思相愛/愛し合う/性的関係を結んだ愛/幸せな恋愛/幸せな結婚/経済的に満たされた結婚/女性を大切にする男性/女性的な魅力が最大限発揮される/身も心も満たされる恋愛/好意をよせられる/自然に意中の人と急接近 望まない妊娠/わがままな女性/満足できない交際/デートで散財する/体だけの関係/女性がリードする恋愛/溺愛が相手をダメにする/尽くしすぎる/独占欲が強すぎる/きまぐれで振り回す/ひとりよがりな恋
仕事女性的な感性が仕事に活きる/ファッション関連の仕事が向いている/美容関係の仕事が良い/女性市場の仕事/接客業に吉/女社長/女優業/モデル業/充実してやりがいを感じる/事業拡大や他分野へ進出する/業績アップ お局様的な立ち位置/身勝手な女上司/水商売/時間にルーズでだらしない女性/愛嬌はあるけど仕事はできない/手を弘すぎて失敗/後先考えない行動/経費や備品を無駄遣い/大雑把すぎて見通しを誤る
その他豊穣の時を迎える/円満な家族/苦労が報われる/何かが生まれる/母なる存在/豊かな財政/妊娠や出産を暗示/経済的な満足と安定/上品で美しい女性/生命力がある/安定した環境に到達/居心地のいい環境/愛情で包み込む/美しさと逞しさを併せ持つ/安心できる場所/居心地のいい場所 欲しがるばかりで与えない/容姿に対するコンプレックス/努力しないで怠けている/支配力の強い女性/マザコンの男性/でしゃばりで押し付けがましい/お節介による迷惑/強引で空気が読めない/依存しすぎされすぎによる破綻/過剰な飽和状態/やりすぎやいきすぎ/八方美人で信頼を失う/偏った関係/押し付けがましい

正位置での意味

女帝の正位置のカードは、今までの努力が実り、繁栄の時期を迎えたことを意味します。このまま継続していくと、大きな幸せを手に入れることができるでしょう。恋愛や結婚に関しては嬉しい展開が期待できます。あなたの幸せは約束されていますので、神経質にならず、相手を信じて受け入れましょう。また、周囲の人への愛を惜しまないことで、それ以上に感じるような豊かさが自分に跳ね返ってきます。今打ち込んでいることに愛を持って大きな心で取り組めば、必ず良い結果を得られます。

女帝の正位置のカードは、女性の妊娠や出産の兆候を示唆することもあります。自分の母性が最大値に達し、肉体的にも精神的にも子どもを育むための環境が整ってきたことを感じられるでしょう。子どもを育てるために必要な支援も得られ、「甘やかされているな…」と感じるほどに様々な恩恵を受け取れそうです。この時期は身体の最適なケアを心がけで過ごすといいでしょう。

今は、自分の生産性を高めるためにも、体調を整え栄養を吸収することが大事です。与えられた恵みは遠慮することなく、おおらかな心で受け取りましょう。まだ結果を得られていないとしても、近々教授できるので、その時を信じて今取り組んでいることに励みましょう。

女帝の正位置のカードは、今感じている充足感や感情を通して物事を理解していけることを示唆しています。

女帝はギブ&テイクを意味しており、自分が与えた分だけ愛を受け取れます。入ってくるものと出ていくものに対して神経質にならず、おおらかな気持ちで受け入れ、与えることが大事です。そうすれば、自分だけではなく自分の周りも豊かになれて大きな幸せを感じられます。

リーディング例

愛に関して占った場合
女帝の正位置のカードは、相思相愛で愛情に満ちた関係を築ける暗示です。素直な気持ちでいることが愛情を維持していける鍵になります。このカードは、相手への尊敬、信頼、愛情に基づいた、成熟した愛情のある関係を象徴しています。また、強力な性的つながりを示すこともあります。場合によっては、妊娠、または妊娠への願望を指す場合があります。自然な流れの中で意中の人と急接近できて、結ばれる可能性が大きいです。
勉強や仕事に関して占った場合
女帝の正位置のカードは、これまで以上にやりがいを感じることができ、充実できることを表します。また、あなたは創造的(クリエイティブ)なプロジェクトで成功する可能性があります。 今まで積み上げてきたことが、期待通りの結果を呼び込みます。このまま継続していけばさらなる拡大も見込めます。また、共通の目標に向かって突き進める仲間にも恵まれ、責任を持って最後まで仕事をやり通せることの暗示です。
お金に関することで占った場合
女帝の正位置のカードは、今までコツコツ継続していた投資や財テクで、目標が達成できることを暗示します。自分にあった方法で資産を増やしていけるでしょう。あなたは豊富な資源を所有しており、それらを生産的に使用する方法を知っています。また、金銭的利益を増やすために、パートナーまたはグループ(組織)と資産を結合することを示唆しています。あまりガツガツせず余裕な姿勢でいることが、逆に利益をもたらします。

逆位置での意味

女帝の逆位置のカードは、今取り組んでいることに対して、自分本位になって周りに迷惑をかけていないか、わがままな行動をしていないか考え直す必要があると伝えています。自分の思い通りにいかずイライラしていたり、誰かに八つ当たりをしていませんか?今は自分がやりたいことを押し通すことよりも、周囲の意見に耳を傾けて、みんなが幸せになれることにフォーカスした方が状況が好転するのではないでしょうか。

自分の思い通りにいかないことでストレスが溜まり、暴飲暴食に走ったり、衝動買いでお金を散財してしまっているのなら、自分の首を絞めている行為だということに気づく必要があります。欲張りすぎていたり、与えることよりも与えられることばかりに目がいってしまい、自分の傲慢さに気づかないままでいると、周囲から人がいなくなりますよ?今は、自分の実現したいことを叶えるために先行投資したり、人に尽くすことを優先する意識を持ちましょう。

また、自分のエゴで押し付けがましくなっていたり、恩着せがましいことをして相手に迷惑をかけていないか、自分の行動を冷静に振り返ってみましょう。あなたが誰かに対して過保護になりすぎることは、結果的に相手をダメにしてしまっている可能性もあります。

甘やかしすぎていたり、甘やかされすぎている状況は、お互いの成長を妨げ、トラブルに発展する要因となります。

恋愛で相手の男性を占った時に逆位置が出た場合、その男性がマザコンである可能性があります。もしくは、女性関係にルーズでセフレがいるかもしれません。相手とは快楽優位な恋愛関係になるかもしれません。

女帝の逆位置のカードは、自分に授けられた資源(資産や物)を粗末に扱っていることを暗示する場合もあります。その資源とは、自分の体を表すこともあり、自分の体を大事に労ってあげる必要性を暗示しています。

リーディング例

愛に関して占った場合
女帝の逆位置のカードは、相手に対してお節介を焼きすぎたり、尽くしすぎたりして二人の関係がバランスを崩している可能性を示唆します。独占欲が強すぎることで相手を窮屈にしてしまい、関係にヒビが入るかもしれません。パワーバランスを見つめ直し、パートナーとの関係を調整しましょう。また、このカードは性に対して無関心だったり、不妊症、または不倫していることを示す場合もあります。一方通行の愛や独りよがりな愛も暗示することがあります。
勉強や仕事に関して占った場合
女帝の逆位置のカードは、必要以上に手広くやりすぎたことで失敗してしまったり、見込みの甘さが収益を見誤ってしまうことを暗示します。また、後先考えずに退職や転職をしてしまったり、感情的な行動によって後悔してしまうことを表します。今は堅実な行動を心がけるべきでしょう。また、クリエイティブな感性を生かせない職場で退屈さを感じて立ち往生し、無力さを感じているかもしれません。もしくは、あなたの職場に、協力的じゃない人がいることを表しているかもしれません。
お金に関することで占った場合
女帝の逆位置のカードは、見栄を張ってしまうことで、贅沢品や衝動買いをして散財してしまうことを暗示しています。また、想定していた収入が得られず、収支と出費のバランスが偏ってしまう可能性があります。見通しの甘さやきまぐれな考えのせいで、安定して資産を増やせないようです。このカードは、怠心のせいで金銭的なことに対する計画性の欠如を表しています。また、あなたが周囲の人に大盤振る舞いをして、お金を使い過ぎてしまっていることを意味するかもしれません。

カードを読み解くポイント

女帝のカードは、全てを育むための環境が整っていることを知らせています。もしくは、自分が相手を育むような状況を暗示しています。母親のように誰かのことを気にかけてあげたり、優しくアシストしたり、相手の苦労を和らげようと試行錯誤したり…。しかし、時にその行為は、自分や相手の成長の機会を奪い、奪われることにもなります。そのことを念頭において、人に尽くす場合は慎重になる必要があります。また、尽くされすぎている状況で自分がダメになっていく感覚を覚えたなら、その相手と距離を置く必要があるかもしれません。

また、これまで地道に努力を重ねてきた人にとっては、このカードは収穫の時期を表します。物事が順調に進み、今まで巻いてきた種がいつの間にか成長していて、収穫時の時期を迎えたことを告げています。さらに、生きていく上での快楽や心地よさを受け取る時期でもあります。五感をフル活用して、自分が満足できる体験を楽しみましょう。物質的豊かさも象徴しますので、欲しい物が手に入る暗示かもしれません。

女帝のカードは、セクシャリティを表すので、男女間において、心身ともに満足しあえる体験をすることができるでしょう。

カードの意味を更に深く考察

女帝のカードは女性性の”陽”であり、愛や優しさ、性的な快楽を知った大人の女性を表しています。すべてを手に入れた女帝は女性のトップに君臨する”女王や女神”といった表現もされます。2.女教皇(女司祭)が知性や宇宙の真理からくる神秘的な女性性だったのに対し、女帝は現実世界における繁栄や情愛を象徴する女性性です。2.女教皇(女司祭)は感性を信じ、感情を内に秘めることを美徳としていましたが、女帝は情熱を表に出し、自他の欲求に寛容でオープンマインドな印象す。一部のタロット本では、このカードは「ヴェールを脱いだイシス」という呼ばれ方もしています。大地の女神イシスは、ヴェールで覆われている時は奥深い神秘を表しますが、ヴェールを脱ぐと、広大で美しい自然や生命力の強さや生命誕生の喜びを表すのです。

人生において悟りを開くためには、知性や勤勉だけではなく、官能性を重んじて自分を満たすことが必要です。自分が満たされて初めて人が望んでいることを知ることができます。愛を知るためには、自分から愛を経験することです。愛し愛され融合することで、新しいものが創造できます。1.魔術師の生命エネルギーと2.女教皇(女司祭)の未来への潜在的な可能性が結びつき、女帝の現実的繁栄・豊穣に到達するのです。

女帝のカードが示す「母性」は、必ずしも人間界における母親を示すものではなく、母なる存在全てに当てはまります。生命の根源である自然界全体を「グレート・マザー」と呼ぶように、自分にとって生命を生み出してくれる存在すべてに当てはめることができます。

ただし、「母」には恐ろしい一面があることも忘れてはいけません。自然は時に天変地異となって私達の生活を揺るがす大災害を起こします。これは、甘やかしすぎた子どもたち(人間)にお仕置きをするかのようにも見えます。母は強くて優しく、恐ろしい存在でもあるのです。

ウェイト版の絵柄から読み解く

女帝の足元には野原の穀物が成長しており、農耕を支配している様子を表しています。

彼女のネックレスは9つの真珠が連なっており、9つの惑星を示唆しています。そして、月桂樹の王冠は”平和”を象徴しており、星座を表す12の星々がつけられています。彼女は装飾品として宇宙そのものを身にまとっているのです。

女帝の背後の木々からは川が流れており、彼女が腰掛けてている椅子の下にはその川が見えなくなっています。この川は、現実世界のすべての源泉となり、生命エネルギーが注がれている様子を表しています。川は変化と安定が一つの状態であることも象徴しています。川の流れがとどまることなく、日々繰り返されることで”川”はそこに存在し続けます。人間に置き換えると、細胞が毎日死んでいくのと同時に新しい細胞が生まれ続けることで、生命は維持されていくのです。

女帝はザクロが描かれたドレスを身にまとっています。2.女教皇(女司祭)のカードでも解説したとおり、ザクロは女性器を象徴しており、性的快楽を知り、愛を受け入れたことを意味しています。ゆったりした衣服はマタニティードレスのようにも受け取れます。このドレスの下には新しい命が宿っているのでしょう。

女帝が腰掛けているソファーのそばには金星(ヴィーナス)のマークが描かれた盾があります。防御を目的とした盾は平和を愛し、自分の身を守るように愛する人(4.皇帝?)からプレゼントされたものかもしれません。